トップページ>魚図鑑>>ハマトビウオ (浜飛魚)

ハマトビウオ (浜飛魚)

写真提供 : 泉川 様
写真提供 : 泉川 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類ダツ目トビウオ科ハマトビウオ属
別名アゴ(混称)、ハルトビ(混称)、カクトビ、オオトビ、コシナガなど
英名Coast flyingfish
由来「ハマ(浜)」は不明であるが、海上を飛ぶ魚であることから「トビウオ(飛魚)」となったと言われている。滑空距離は長くて約300~500m飛ぶことができ、速度は約時速50~70km程と言われている。

分布

東北地方~沖縄諸島

似ている魚との見分け方

トビウオとよく似るが、本種の胸ビレの軟条は枝分かれしていない軟条が1本なのに対し、トビウオの枝分れしていない軟条は2本であることから見分けることができる。

本種は世界のトビウオ類の中でも最大種であることも同時に覚えておこう。

毒や危険性について

特にない。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、動物性プランクトンなどを捕食する。

食味

捌き方
  1. ウロコを落とす。
  2. 頭を落とす。
  3. 腹ビレを落とす。
  4. 腹を割き、内臓を取り出す。
  5. 三枚におろす。

姿造りにする場合は大名おろしで捌くようにしよう。

釣った魚は綺麗に盛ろう! 美しい「姿造り」の作り方
料理刺身、昆布〆、唐揚げ、ナメロウ、カマボコ、クサヤなど。

トビウオの卵はトビッコと呼ばれ、寿司などで食されることが多い。

連載:釣った魚を美味しくする技術【第2回 昆布締め】

釣りについて

釣り方

ウキフカセ釣り

本種を狙って釣ることは非常に難しいが、メジナやクロダイ釣り時に嬉しい外道として釣れることがある。

コマセを撒き、その中を針につけた餌が漂うようにする。

本種は表層付近を遊泳していることが多いため、沈みが遅い仕掛け(軽い仕掛け)に分があるといえる。

本種を目視できるような状況の場合は大型のフィッシュイーターも近くにいる場合が多々あることから、少し強めの仕掛けやタックルを選ぶようにしよう。

ウキフカセ釣りの達人、平和卓也が解説する磯釣り攻略法
それぞれの特徴を理解しよう!「ウキの種類」まとめ
タナ取りをスムーズに!フカセ釣りでの水深の測り方
釣れる時期
タックル

ウキフカセ釣り

ロッドは1〜1.5号程度、5m前後の磯竿、リールは磯用の2000〜3000番程度、道糸はナイロン2〜3号前後でハリスはフロロカーボン1.5〜3号程度で針はメジナ用の4〜8号程度のものを使用する。

上記の他、半円シモリ玉、円錐ウキ、ゴム管、極小サイズのセル玉、10号前後のヨリモドシ、ガン玉が必要となる。

ガン玉はウキの浮力にあわせて選択する。

連載:初心者でもわかるウキフカセの始め方【第1回 竿とリールの選び方】
ルアー・餌オキアミ、カマボコ、蒸しあさり、コマセなど。

公式チャンネル

  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト