トップページ>魚図鑑>テナガダコ (手長蛸)

テナガダコ (手長蛸)

外観・内観写真

写真提供 : 兵動太一 氏
写真提供 : 兵動太一 氏
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 頭足綱八腕目マダコ科マダコ属
別名 アシナガダコ、ヘビダコ、テナガ、アカダコなど
英名 Octopus minor
由来 タコの中でも腕が長いことに由来する。

分布

日本全域

似ている魚との見分け方

サメハダテナガダコとよく似るが、サメハダテナガダコは全身に赤い水色のような斑点があるのに対し、本種は赤茶っぽい色味を帯びていることから見分けることができる。

これで見分けがつく!釣れるタコの種類と特徴まとめ

毒や危険性について

注意する毒は特にないが、顎(カラストンビ)の力は強いため、噛まれないように注意が必要となる。

また、本種に酷似するメハダテナガダコの口には咬毒があることも同時に覚えておこう。

食性

肉食性でカニやエビなどの殻類、小魚を捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているマゴコの捌き方を紹介する。
  1. 頭から内臓を取り除く。
  2. 口を取り除く。
  3. 塩をまぶしぬめりを取り除く。
  4. 水気を取り除く。
  5. 足ごとに切り分けていく。

ぬめりを取り除くためにしっかり塩をもみこむこと。

達人の技を見て学ぼう! 「タコ」の捌き方
持ち帰って食べるなら必修科目! 「タコ」の正しい締め方
料理 刺身、唐揚げ、茹でダコなど。

魚の「揚げ物」料理をふっくら美味しく仕上げる5つのコツ

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

本種を狙って釣ることは難しく、マダコ釣り時の外道として釣れることが多いため、ここではマダコ釣りを紹介する。

タコ用エギを用いたルアー釣りで狙うことができ、夜行性のため夜釣りが良い。

底を移動する生物のため、タコ用エギを底をズルズルと引くイメージで動かそう。

底付近では根がかりが頻発するため、根がかりがしづらいタコ用エギを選ぶようにしよう。

また、タコ用エギ(通称タコエギ)のほかに、イカ用のエギも流用することができる点も覚えておきたい。

これも読めば初心者でも釣れる! 夏が最盛期の「タコ」の釣り方まとめ

ぶっこみ釣り

アナゴなどを狙ったぶっこみ釣り時の外道としてかかる場合もある。

仕掛けに餌を付けたら名前の通りぶっこんで(投げておく)待つだけである。竿先に鈴を装着しておくとアタリに気付きやすい。

餌は青イソメを使うと外道で大キスやセイゴ(スズキ)、メイタ(チヌ)が釣れることがある。

底を取る釣りであるため、鈎は食い込みがよく根掛かりの少ない丸セイゴか流線の11〜12号前後をおすすめする。
釣れる時期 水温が下がると活性が下がるため、5~11月が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

シーバスタックルやエギングタックルを流用可能だ。

8フィート前後のエギングロッドに、中型スピニングリール(ダイワ2500番台、シマノ3000番台がおすすめ)、ラインはPE2号前後、リーダーはフロロカーボン8号程度が使いやすい。

タコ用エギ(通称タコエギ)は様々なサイズが用意されているが、テナガダコはそれほど大きくないため、2.5号または3.0号がおすすめである。

ぶっこみ釣り

竿はある程度強度があれば何でも良い。リールは小型~中型スピニングリール、道糸はナイロン2~3号前後、キス天秤やジェット天秤10~25号前後に投げ仕掛けの2本鈎が使いやすい。

投げ仕掛けの2本鈎の間にケミホタルを装着するようにしよう。

根がかりや、本種が暴れて仕掛けにからまることも良くあるため、仕掛けやリーダーなどの予備も忘れずに準備しておこう。
ルアー・餌 タコ用エギ、イカ用エギ、アオイソメなど。

公式チャンネル