トップページ>魚図鑑>コモンハタ (小紋羽太)

コモンハタ (小紋羽太)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目ハタ科マハタ属
別名 モアラ、クエ、メバリ、ネバリなど
英名 Black spotted grouper
由来 小さな斑紋が体に散らばっていることに由来する。

分布

関東中部以南(主に九州地域)

似ている魚との見分け方

マハタやアオハタなどと同じマハタ属であり似るが、縞模様などはなく、黒い斑点が特徴である。

毒や危険性について

毒はないが、背ビレが鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているキジハタの捌き方を紹介する。
  1. ウロコを取っていく(スキ引きでもよい)。
  2. 頭を落とす。
  3. 内臓を取り除く。
  4. 三枚おろしにする。

各ヒレが非常に鋭いため注意しよう。
料理 刺身、鍋、煮つけ、塩焼きなど。

刺身や寿司がより美味しく!「寿司屋の醤油」の作り方
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」
釣って楽しい、食べて美味しいロックフィッシュの美味しい調理法まとめ

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

近年、陰ながら人気を博しているグルーパーゲーム、いわゆるハタゲームと呼ばれる釣りである。

防波堤や磯からソフトルアーなどでランガンしながら探っていく釣りである。

また、メタルジグなどを用いたショアジギングという釣り方も人気である。

ぶっこみ釣り

シンプルな仕掛けで簡単に狙うことができる。

防波堤や磯から仕掛けを投入し待つだけである。エサをこまめに変えてアピールなどをすると良い。

とにかく広くポイントを探ることがポイントとなる。とりわけ変化のある場所を好むため、魚がかかった後は根に潜られないよう注意が必要である。
釣れる時期 冬場は活動が鈍るため、6~10月が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

専用のタックルなども用意されているが、エギングやシーバスタックルを流用できる。

7~8フィート前後のルアーロッド(シーバスやエギング用など)にリールは中型スピニングリールまたは両軸リールを用意する。PE1号前後にリーダーは16ポンド前後が使いやすい。

両軸リールのほうがスピニングリールに比べパワーがあり、根に潜られても安心できる。また、底の地形も把握しやすい。その反面、飛距離などに多少の影響が出る。

初心者向けおすすめロックフィッシュ用タックルまとめ

ぶっこみ釣り

投げ釣りやパワーのあるルアータックルで狙うことができる。

比較的錘負荷のある8フィート前後のロッドに、中~大型スピニングリールを用意する。ナイロン5号程度が使いやすい。仕掛けはシンプルに錘を付けて一本針の仕掛けで良い。
ルアー・餌 ロックフィッシュ用ワーム(テキサスリグ、ジグヘッドを用いたスイミング)、スロー系メタルジグ、ミノー、バイブレーション、サンマ・アジ等の切り身、イカの短冊、冷凍エビなど。

迷ったらこれを買おう! ロックフィッシュ(根魚)ゲーム用おすすめルアー5選

公式チャンネル