トップページ>魚図鑑>キハダ (黄肌・木肌)

キハダ (黄肌・木肌)

外観・内観写真

写真提供 : 杉山代悟 様
写真提供 : 杉山代悟 様
写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
キハダの顔
キハダの顔
キハダの歯
キハダの歯
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目サバ科マグロ属
別名 キハダマグロ、キワダ、コキワ、イトシビ、キンヒレ、メジ、キメジ、シビなど
英名 Yellowfin tuna
由来 ヒレが鮮やかな黄色であり、肌も黄色であることに由来する。

分布

北海道以南

似ている魚との見分け方

メバチマグロと酷似するが、本種の胸鰭は短く第2背ビレの始まり部分にも達しないのに対し、メバチマグロの胸鰭は第2背ビレ先端近くまで伸びていることから見分けることができる。

毒や危険性について

歯が非常に鋭く、大型ゆえのパワーには注意が必要である。

食性

肉食性で小魚やイカ、タコなどを捕食する。

食味

捌き方
  1. 頭を切り離す。
  2. 内臓を取り除く。
  3. 切れ目を入れ背びれを取り除く。
  4. 三枚おろしにする。
  5. 大型のものは女節、男節に分ける。

刺身にする場合は血あい骨を取り除き、皮を取る。

釣り人は覚えておこう! 刺し身の基本的な切り方「そぎ造り」と「平造り」
料理 刺身、づけ丼、ポキ、フライ、ステーキ、カマ焼きなど。

刺身や寿司がより美味しく!「寿司屋の醤油」の作り方
釣り人は覚えておこう! 刺し身の基本的な切り方「そぎ造り」と「平造り」
刺し身が余ったら漬け込もう! 絶品「づけ丼」の作り方
夏のあっさりスタミナ料理! 海鮮を使ったハワイの人気料理「ポキ」の作り方

釣りについて

釣り方

オフショアキャスティング(船)

近年、相模湾などで人気を博しているキハダ釣り。キハダという最高のターゲットはオフショアキャスティングで狙うことができる。

ベイトの状況や波などで群れの位置を分析することが大切である。船長のアドバイスに耳を傾けることが大切である。

引きがパワフルなことが魅力のキハダ釣りだが、それゆえに海に引きずり込まれる危険性も伴うため必ずライフジャケットを着用しよう。その他にもグローブなど事前に必要な物は問い合わせておこう。

マグロも狙える!オフショアキャスティングの始め方徹底解説

コマセ釣り(船)

ルアーのみでなく、電動リールを使ったコマセ釣りで狙うことができる。

船長の指定するタナを狙うようにする。コマセにエサを同調させるイメージで狙うと釣果がアップする。
釣れる時期 温暖な気候を好むため4~11月が釣れやすい。

地域によって差が大きいため、釣具店や釣り宿に確認してみよう。
タックル

オフショアキャスティング(船)

パワフルな引きに耐えられるオフショアキャスティング専用タックルが良い。

ロッドは7フィート台後半から8フィート代前半のキャスティング専用ロッド、リールはラインキャパのある大型スピニングリール、ラインはPE4~5号程度が使いやすい。リーダーは100ポンド前後のものを3メートル用意する。

リールはハイギアではなくノーマルギアかパワーギア良い。またルアーは表層用のポッパーや、水面直下を攻めるダイビングペンシル、中層をカバーできる大型シンキングペンシルを用意する。

コマセ釣り(船)

ロッドは5~7フィートの胴調子のロッド、リールはベイトリールまたは電動リール、ラインはPE8号程度500m用意する。

ビシはステン缶100号前後を選び、天秤は遊動式が良い。エサはオキアミを使用するが、1匹掛けや2匹掛けなどをその時の状況に合わせて選ぼう。
ルアー・餌 ルアーはオフショアキャスティング用ポッパー、ダイビングペンシル、大型シンキングペンシルなど。

エサ釣りの場合はオキアミなど。

公式チャンネル