トップページ>魚図鑑>>メナダ (目奈陀)

メナダ (目奈陀)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類ボラ目ボラ科メナダ属
別名ボラ(混称)、アカメボラ、アカメ、メアカ、ヤスミ、ナオシ、ミヨウゲツ、シュクチなど
英名Redlip mullet
由来

分布

九州地方以北

似ている魚との見分け方

ボラと酷似するが、本種は眼の黒点の周りが黄色もしくは赤色をしているのに対し、ボラの眼の黒点の周りは白色であることから見分けることができる。 また、ボラの眼には脂瞼(しけん)と呼ばれるコンタクトレンズ状の器官があるが、本種にはその脂瞼がないことも合わせて判別要素となる。

毒や危険性について

毒はないが、アニサキスなどの有害異形吸虫が寄生している場合があるので注意が必要である。

食性

雑食性で、プランクトンやデトリタス、藻類、甲殻類や多毛類を主な餌とする。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているボラの捌き方を紹介する。
  1. 丁寧にウロコを取る。
  2. 3枚おろしで捌く。

メナダは皮が非常に硬くウロコも同様のため、ウロコがとびちらないよう注意する。また、捌く時に内臓を傷つけないことが匂いを抑えるコツとなる。
水が綺麗な場所で釣れたメナダの卵巣はカラスミにして食すことができることも合わせて覚えておこう。
料理刺身、塩焼き、フライ、煮付け、お吸い物、カラスミなど。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

沿岸域や汽水域の表層付近を回遊しているので上カゴ仕掛けで狙うのもひとつの手である。

タナは表層付近が良いと言われており、アタリが繊細なことが多いため、付けエサは短めのほうに分があると言われている。

小アジなどを狙う細仕掛けだと切られてしまうことがあるので、タモを準備しておくと良い。

引っ掛け釣り

各県などの条例で禁止されている場所もあるようなので、調べて釣りをする必要がある。

河口や内湾の汽水域が良い。誘いをかけ力いっぱい引っ張るため、周囲の状況を常に気を配るように注意すること。
釣れる時期年中狙えるが、9~12月が釣りやすい。
タックル

サビキ釣り

万能竿、投げ竿、磯竿が良い。

竿は3号前後、リールはスピニングリールの3000番程度、道糸はナイロンの4号前後が使いやすい。

引っ掛け釣り

磯竿が良い。

竿は硬めで25~30号前後を背負えるもの、リールはスピニングリールの3000番程度、ラインはPEの3号前後が使いやすい。
ルアー・餌サビキ、オキアミ、ギャング針など。

公式チャンネル

  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト