トップページ>魚図鑑>イカナゴ (玉筋魚)

イカナゴ (玉筋魚)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目イカナゴ科イカナゴ属
別名 カナギ、シンコ、オオナゴ、コウナゴ、メロウド、カマスゴ、フルセなど
英名 Japanese sand lance
由来 諸説あるが、その昔、この魚の名前を尋ねられた人が「如何なる子?(何の子だろうね?)」の方言である「いかなこ?」と答えたところ、尋ねた側の人が「いかなこ」を魚の名前だと認識(勘違い)してしまい「イカナゴ」となったと言われている。

分布

沖縄諸島を除く日本全域

似ている魚との見分け方

成魚になるとカマスとよく似るが、本種には歯がないのに対し、カマスには鋭い歯があることからみわけることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

プランクトン食性であり動植物プランクトン捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているマイワシの捌き方を紹介する。
  1. 頭を落とす。
  2. 内臓を取り出す。
  3. 腹の中の汚れを洗い落とす。

成魚になっても骨は非常に軟らかいため手で捌くことができる。そのため丸ごと焼いて食べることもできる。
料理 刺身、焼き魚(丸焼き)、煮付け、くぎ煮、オイル漬けなど。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」
釣魚の調理を快適にしてくれる「便利グッズ」と「裏ワザ」まとめ

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

イカナゴ(成魚)が接岸した時にサビキ釣りで狙うことができる。

イワシ用のサビキ仕掛けを使用し、アミコマセなどをサビキカゴに詰め、仕掛けを海中に下ろした際に竿をあおってコマセを拡散させると良い。

オキアミで群れを寄せ、時合を逃さないことが重要となってくる。また、本種が群れで接岸している場合はフィッシュイーターと呼ばれる大型の魚の活性が上がる可能性が高いため同時に狙ってみるのもいいだろう。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ
群がる魚たち! 実はこうなっていた「サビキ釣り」の水中映像
触れないように気をつけよう!サビキ釣りで釣れる毒魚まとめ
釣れる時期 気温が15℃以上になると夏眠する習性があるため、11~5月が釣りやすい。

砂地を好むことから、砂地の近くであれば可能性は高まる。
タックル

サビキ釣り

万能竿が良い。

万能竿は2~4m前後で竿先が柔らかいもの、リールは2500番前後、ラインはナイロン3号程度が使いやすい。

カタクチイワシのタナは時間帯や潮の流れ、天候等によって変化することがあるため、釣れなくなったらタナを変えて探ってみることをおすすめする。

サビキ釣りに必携!おすすめの便利アイテム5選
ルアー・餌 サビキ、コマセ(冷凍ブロック、チューブ入り)など。

公式チャンネル