トップページ>魚図鑑>サクラダイ (桜鯛)

サクラダイ (桜鯛)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハタ科サクラダイ属
別名アカラサン、キンギョ、ウミキンギョなど
英名Cherry bass
由来雄の魚体にある薄い桃色をした斑点が桜の花びらに似ていることに由来するといわれている。

分布

南日本

似ている魚との見分け方

サクラダイの仲間であるイトヒキハナダイに似るが、イトヒキダイの体の側面には黄色の斑点があるのに対し、サクラダイには黄色の斑点がないことで見分けることができる。また、サクラダイは背ビレの棘が糸状に伸びていることからも合わせて判別可能である。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性でプランクトンや甲殻類、小魚などを捕食する。

食味

捌き方
※ここでは、形状が似ているチダイの捌き方を紹介する。
  1. ウロコを取る。
  2. 頭を落とし、内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

塩焼きの場合はウロコと内臓を取り除く作業のみにしよう。
料理刺身、塩焼き、煮つけ、つみれなど。

かまぼこの原料などになることもある。

釣りについて

釣り方

テンビン釣り

本種が専門に狙われることは無く、オニカサゴやアカアマダイ釣りの外道として釣れることが多いことから、ここではオニカサゴ釣りを紹介をしたい。

船から狙うのが主流であり、専用タックルも販売されている。

仕掛けを落とし、着底したところからハリスの長さくらい浮かせると良い。海底をオモリでノックして誘うが、アタリがあっても直ぐにアワセを入れず、むこうアワセを待つのが基本となる。

オニカサゴは浮き袋を持たないため、魚をかけてから海面まで抵抗することでも有名である。
釣れる時期年中釣ることができる。
タックル

テンビン釣り

専用竿、ヤリイカ竿が良い。

竿は2号前後で100~150号程度のオモリを背負えるもの、リールは中型電動タイプ、ラインはPE4号程度が使いやすい。テンビンは片テンビンの40~50cm程度のものを選ぶと良い。

必ず底をとるため、障害物の多い場所での根がかりに注意が必要だ。仕掛けに発光体などを装着するのも有効だが、サメなどが多い場合は外して使うと良い。
ルアー・餌サバ、イワシ、サーモン、アナゴ、サンマ、イイダコ、イカの切り身など。

公式チャンネル

  • アルカジック
  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト