トップページ>魚図鑑>オニオコゼ (鬼虎魚)

オニオコゼ (鬼虎魚)

外観・内観写真

写真提供 : ゴリさん 様
写真提供 : ゴリさん 様
写真提供 : 仲澤 伸泰 様
写真提供 : 仲澤 伸泰 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目オニオコゼ科オニオコゼ属
別名 オコゼ、オコジョ、ヤマノカミ、オクジ、オコジンなど
英名 Devil stringer
由来 笑ってしまうほどに愚かものを意味する「痴(おこ)」と、物を施すという意味の「施(せ)」という語を合わせた、「痴施(オコセ)」が転訛して「オコゼ」となり、オコゼ類の中でも「鬼(オニ)」のような形相であることからこの名になったと言われている。

分布

青森以南

似ている魚との見分け方

オニオコゼはカサゴ類の魚に比べ、褐色がかった魚色をしており、身体の前方は丸くなっていることから見分けることができる。
オニオコゼ類の魚とはあまり似ていないことから間違うことは少ない。

毒や危険性について

背鰭に「タンパク質毒」をもっており、刺されると激しく痛む。

「タンパク質毒」は熱に弱く、70度近くのお湯で数分温めると毒が無効化すると言われているが、火傷の危険もあることから注意が必要である。そのため、火傷をしないぐらいの温度で患部を温めつつ、病院に向かうのが現実的といえる。

持ち帰り食すならば、安全のためにハサミなどで各鰭を切っておくことをおすすめする。

食性

肉食性で小魚やイカ類、甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. 背びれを取り除く。
  2. 各ヒレもハサミなどで切り取る。
  3. 頭を落とす。
  4. 内臓を取り除く(肝がある場合は捨てずにキープしよう)。
  5. 三枚おろしにする。

ヒレやエラに鋭い棘があり、特に背ビレには毒針があるので注意が必要である。
料理 刺身(肝と一緒に食そう)、煮付け、唐揚げ、味噌汁など。

見た目に反して大変美味であり、西日本を中心に高級魚である。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」

釣りについて

釣り方

底物釣り

オニオコゼは日本近海の岩礁帯や砂地などの底に潜む魚であり、ほかの根魚(ソイやカサゴ類)などを狙う釣りと同じである。

オニオコゼは底でじっとエサが来るのを待つ魚であるため、エサ釣りの場合は胴付き仕掛けが良い。

もしかしたら釣れるかも!?全身オレンジ色のオニオコゼが発見される

ルアー釣り

個体数は少なく、狙って釣れる魚ではない。ロックフィッシュを狙ったルアー釣り時の嬉しい外道として釣れることがある。

オニオコゼは底でじっと餌を待つ魚のため、ルアーの場合は底付近を意識し、スローリトリーブで探るのが最善である。ジグの場合は底付近から2m付近までシャクった後、再び底にフォールさせてシャクル動作を繰り返そう。

底付近をネチネチと狙う釣りのため根がかりに注意したい。エサを積極的に捕食する魚ではないので、リトリーブする速さにも同時に注意したい。
釣れる時期 初夏には産卵のために浅瀬に入ってくるため、6~8月が釣りやすい。
タックル

底物釣り

専用竿、ビシアジ竿などが良い。

船釣り用錘負荷50号前後の5~6フィート前後の竿、PE3~4号を300~400メートル巻ける両軸リールを用意する。

底付近を狙う釣りのため、根がかりに注意し、胴付き仕掛けの場合は錘に捨て糸を使うと良い。

ルアー釣り

シーバス用タックルや、ヒラメ用タックルなどを流用できる。

ロッドは6~7フィートのML(ミディアムライト)~M(ミディアム)程度のシーバスロッドやヒラメロッド、リールは中型スピニングリール、ラインはPE1号前後が使いやすい。
ルアー・餌 サバやサンマの切り身、イカの短冊、メタルジグ、ジグミノー、バイブレーション、シンキングペンシルなど。

広範囲を攻めよう!おすすめのジグミノー5選
ルアーを理解してシーバスを釣ろう! 「バイブレーション」の特徴と使いどころ
ルアーを理解してシーバスを釣ろう!「シンキングペンシル」の特徴と使い方
ルアーを理解してシーバスを釣ろう!「メタルジグ」の特徴と使い方

公式チャンネル