トップページ>魚図鑑>ニザダイ (仁座鯛)

ニザダイ (仁座鯛)

外観・内観写真

写真提供 : もりま 様
写真提供 : もりま 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目ニザダイ科ニザダイ属
別名 サンノジ、ホンノジ、サンノジダイ、クロハゲなど
英名 Scalpel sawtail, Surgeon fish
由来 古くは、新しく仲間入りした人や下っ端などを意味する「新背(にいぜ)」から由来し、鯛の中でも下っ端という意味で「新背(にいぜ)」の鯛という言葉が訛って「ニザダイ(仁座鯛)」という名になったと言われる。

分布

関東中部以南の太平洋沿岸

似ている魚との見分け方

形状はカワハギなどに似ているが、本種は尾ビレの付け根部に黒い点が約4つあり、骨質板が突き出ているのが特徴的で他魚種と間違えることは無いといえる。また、体の表面は茶色で、ヒレの縁は鮮やかな青色であることも合わせて覚えておこう。

毒や危険性について

毒はないが、本種の特徴である尾ビレの付け根部にある骨質板の突起(約4つの黒色斑点)は、カッターナイフの様に非常に鋭利なため、素手で触らないようにしよう。また、背ビレの棘にも同時に注意したい。

食性

雑食性で海藻類や多毛類、カニやエビなどの甲殻類なども捕食する。

食味

捌き方
  1. 頭を落とす。
  2. 内臓を取り除く。
  3. 三枚おろしにする。

身は磯臭い場合があるが、釣った直後に血抜きなどをして適切に絞めると磯臭さが減ることを覚えておこう。また、内臓を早く取り除くことで磯臭さをさらに抑えることができる。

釣った魚の臭みを取って長持ちさせる下処理方法
料理 煮つけ、塩焼き、ムニエル、刺身、洗いなど。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

ウキ釣り

本種を狙って釣ることは難しく、グレ釣りの外道として釣れることが多いことから、ここではウキフカセ釣りを紹介する。

コマセを撒き、その中を針につけた餌が漂うようにする。

地形や潮の流れに変化がある場所がポイントとなる。一般的に堤防周辺や磯で釣れることが多い。

小さな口でエサを捕食するためアタリは小さく、針がかりをさせるのは容易ではないが、引き味が強烈なことから熱狂的なファンも存在する。

ウキフカセ釣りの達人、平和卓也が解説する磯釣り攻略法
それぞれの特徴を理解しよう!「ウキの種類」まとめ
タナ取りをスムーズに!フカセ釣りでの水深の測り方
竿は風上、ウキは風下へ!磯釣りでの横風対策法
釣れる時期 気温が安定して活性の高い5~10月が釣りやすいが、身の臭みが少なくなる冬に人気が高い。
タックル

ウキ釣り

ロッドは1〜1.5号程度、5m前後の磯竿、リールは磯用の2000〜3000番程度、道糸はナイロン2〜3号前後でハリスはフロロカーボン1.5〜3号程度で針はメジナ用の4〜8号程度のものが使いやすい。

上記の他、半円シモリ玉、円錐ウキ、ゴム管、極小サイズのセル玉、10号前後のヨリモドシ、ガン玉が必要となる。

ガン玉はウキの浮力にあわせて選択しよう。

連載:初心者でもわかるウキフカセの始め方【第1回 竿とリールの選び方】
水しぶきを受けるような磯釣りで必要なアイテムまとめ
ルアー・餌 オキアミ、コマセ(砕いたオキアミのブロック、配合餌、水を混ぜ合わせたものを使用する)など。

公式チャンネル