トップページ>魚図鑑>アザハタ (痣羽太)

アザハタ (痣羽太)

外観・内観写真

写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目ハタ科ユカタハタ属
別名 ジセイミーバイ、アカミーバイ、アカジョーなど
英名 Tomato grouper, Tomato hind
由来 頭部に「痣(あざ)」を思わせる濃い斑点があることから由来するが、個体差が大きく、斑点が見えないことも多い。また、全身に斑紋のある魚であり、「斑(はだら)」の「ら」が抜け落ちて「ハタ(羽太)」となったと言われている。

分布

伊豆諸島、近畿地方以南~沖縄諸島(主に沖縄諸島に集中している)

似ている魚との見分け方

ハナハタに酷似しているが、本種はハタ科の中でも体高が非常に高く、尾ビレの後縁は褐色なのに対し、ハナハタの体高は本種ほど高くなく、尾ビレ後縁は白色に縁取られていることから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、背ビレの棘が非常に鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、軟体動物を捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは形状の似ているキジハタの捌き方を紹介する。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

歯とヒレが鋭いため素手で触る際は注意が必要である。
料理 刺身、汁物、鍋物、煮付け、アクアパッツアなど。

釣って楽しい、食べて美味しいロックフィッシュの美味しい調理法まとめ
刺身や寿司がより美味しく!「寿司屋の醤油」の作り方
寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法
釣った魚で手軽にイタリアン! 「アクアパッツァ」の簡単な作り方

釣りについて

釣り方

オフショアスロージギング

本種は専門で狙われることはほぼ無く、釣り人よりもダイバーからの人気の方が高い。

同じハタ属やカンパチを狙ったスロージギング釣り時に嬉しい外道として釣れることがある。

スロージギングは最近注目を集めている釣り方で、従来のハードで速いアクションとは異なり、ロッドの弾力を活かして細かくゆっくりとしたアクションで多様な魚種にアピールする釣り方である。

大きく速いアクションでは反応しなかった魚や、活性の低い魚が細かくゆっくりとしたアクションに反応することがあり、本種のような根魚にも有効である。

ジグを着底させたら、1~2秒に1回しゃくると同時に1回リールを巻くペースを基準に、ボトムから20mほどしゃくり上げたら再度ボトムを取り同じアクションを繰り返す。

ジグがゆらゆらとフォールする際のアピール力が強く、フォール中のアタリが多い。

それでも反応が無ければ、しゃくるペースやアクションに変化を付けたり、ジグのカラーや重さを変更するなどの臨機応変さも必要である。

活性の低い魚にも有効!「スロージギング」のやり方まとめ
パームスプロスタッフ沼田純一が解説する、スロージギングでの真鯛の釣り方

泳がせ釣り(船)

沖合の泳がせ釣りで嬉しい外道として釣れることがある。

活き餌を使って、船長の指示通りにボトム付近を餌が漂うようにタナを取ろう。

根が入り組んで複雑になった場所を狙うため、根掛かりに備えて予備の仕掛けを複数用意しておこう。
釣れる時期 水温の上昇と共に活性の上がるため、5~10月が釣りやすい。
タックル

オフショアスロージギング

スロージギングではロッドの弾力を利用するため弾力のあるロッドが望ましく、専用のタックルを用意することをおすすめする。

ロッドはジギング用のものか、専用ロッド、リールは小型のベイトリール、道糸はPE1.2~2.0号前後のもの。リーダーはフロロの5~8号前後のものを3ヒロ程取ると良い。

メジャークラフトの「ジグパラ スロー」を使用してヒロセマンがショアスロージギングゲームを展開
シマノのスロー系ジギングロッド「オシアジガー∞(インフィニティ)」に新モデルが追加

泳がせ釣り(船)

ロッドは2m前後のオモリ負荷60~120号のもの、リールは中型~大型電動リール、道糸はPE4~6号程度のもの、ハリスはフロロ10号前後のもの、鈎はチヌバリの10号程度のものに、オモリはその日の状況に合わせて80号前後のものが使いやすい。

根掛かりが比較的多い釣りであることから、予備の仕掛けを複数用意しておこう。
ルアー・餌 活きたスルメイカ、アジ、サバ、スロージギング専用のジグ。

メジャークラフトのショアスロー用メタルジグ「ジグパラ SLOW」に新サイズ登場!これまで攻めきれなかった深場の攻略に最適

公式チャンネル