トップページ>魚図鑑>ツラナガハギ (面長剥)

ツラナガハギ (面長剥)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 フグ目カワハギ科ヨソギ属
別名
英名
由来 顔(ツラ)が長く伸びている、カワハギの仲間であることから由来する。

分布

四国地方以南の太平洋側~九州地方南部

似ている魚との見分け方

ウマヅラハギに似ているが、本種は鰭が黄色味を帯びており、尾鰭の上下(上葉・下葉)が長く伸びているのに対し、ウマヅラハギはそのような特徴がないことから見分けることができる。

毒や危険性について

食性

食味

捌き方 ※本種は大変珍しい魚なため、捌く前に水族館へ持っていくことを強くおすすめしたい。
料理

釣りについて

釣り方 ※ツラナガハギは大変珍しい魚であることから釣ることは難しいとされるが、カワハギ釣り時の外道として釣れる可能性を願い、ここではカワハギ釣りを紹介したい。

ミャク釣り

カワハギを狙ったミャク釣りは漁港などの壁際を歩き回りながら探って釣るのが一般的だ。

上から岸壁を啄んでいる様子が見えることもあり、仕掛けを落とすと鉛など光を反射する光物に興味を示して寄ってくる。

口が小さく餌を食べるのが上手いため、小さなアタリも逃さないように注意しながら釣ること。
釣れる時期
タックル

ミャク釣り

タックルはライトタックルやシロギス狙いのタックルで良い。

リールを使用する場合は小型スピニングリールが使いやすい。

これを読めば初心者でも釣れる! 「カワハギ」の釣り方まとめ
ルアー・餌 アサリのむき身、オキアミ、アオイソメなど。

これで完璧! 4種類の「虫餌の刺し方」の手順まとめ
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法
次の釣行でも使える!虫エサの保存方法まとめ

公式チャンネル