トップページ>魚図鑑>ナミフエダイ (波笛鯛・並笛鯛)

ナミフエダイ (波笛鯛・並笛鯛)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目フエダイ科フエダイ属
別名 ホシタルミ、イナク―、イナクフー、タカバなど
英名 Blue-lined snapper
由来 フエダイ科に属し、頬の部分に波状の模様があることから由来する。

分布

九州地方南部以南~琉球諸島

似ている魚との見分け方

フエダイと似ているが、本種は頭部に波状の縦筋模様が多くあるが、フエダイはそのような特徴がないことから見分けることができる。

毒や危険性について

厚生労働省は本種の輸入に関して、「シガトキシンの検査を実施し無毒であることが証明されれば輸入を許可する」、と発表しているが、日本国内産の本種からはシガテラ毒の保有例は無いようである。

また、背ビレの棘が非常に鋭利なため注意が必要である。

食性

肉食性で甲殻類や軟体動物、小魚などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは形状の似ているハマフエフキの捌き方を紹介する。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

歯と背ビレの棘が鋭いため、捌く際は注意しよう。
料理 刺身、汁物、煮付けなど。

釣り人は覚えておこう! 刺し身の基本的な切り方「そぎ造り」と「平造り」
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」

釣りについて

釣り方

流し釣り

船で沖合から狙うことが多いため、流し釣りという釣法について紹介する。

流し釣りとは、水深20~100mの場所で船をシーアンカーなどを利用して潮に乗せながら広範囲を探る釣り方である。餌は常にボトムより2mほど上を漂うように調整する必要があり、根掛かりに十分注意したい。

仕掛けや餌によってはロウニンアジやカンパチなどの大型回遊魚が釣れることもあるため気は抜けない。

ブッコミ釣り

産卵期には浅瀬に接岸してくるため、夜釣りのブッコミ釣りで狙うことができる。

堤防や漁港、砂地混じりの岩礁域に多く生息しているので釣り場はそれを目安に選ぶと良い。

夜釣りで数本竿を用意し、置き竿にしてアタリがくるまで待つようにしよう。根掛かりが多い釣りなので、予備の仕掛けは多めに用意しておこう。
釣れる時期 水温の上昇と共に活性の上がるため、5~10月が釣りやすい。
タックル

流し釣り

大型のものが釣れることが珍しくないため専用のタックルで臨むことを推奨する。

ロッドは2m前後のオモリ負荷60~120号のもの、リールは中型~大型電動リール、道糸はPE4~6号程度のもの、ハリスはフロロ10号前後のものが使いやすい。

鈎はチヌバリの10号程度のものに、オモリはその日の状況に合わせて80号前後のものが良い。

根掛かりが比較的多い釣りであることから、予備の仕掛けを多めに用意しておこう。

ブッコミ釣り

本種は大きい個体であれば80cm近くにもなることから、ある程度強度があるものを用意しよう。

竿はある程度強度があれば何でも良い。リールは中型~大型スピニングリール、ラインはナイロン4~6号前後、リーダーはフロロカーボン5号前後が使いやすい。
ルアー・餌 イカの短冊、サンマ、サバ、ムロアジの切り身、イカナゴなど。

公式チャンネル