トップページ>魚図鑑>>ニベ (鮸)

ニベ (鮸)

写真提供 : HNT 様
写真提供 : HNT 様
写真提供 : HNT 様
写真提供 : HNT 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ニベ科ニベ属
別名イシモチ、アカグチ、グチなど
英名Nibea croaker
由来古来ニベの浮き袋を煮て作った「にかわ」が主流であり、「煮る」の「ニ」と、膨らむ(浮き袋)意の「ヘ」が合わさって「ニベ」となったという説がある。

分布

東北地方以南~九州地方

似ている魚との見分け方

シログチ(イシモチ)に酷似しているが、本種は体側に黒斑が点在するのに対し、シログチ(イシモチ)はそのような特徴はなく体色が銀白色なことから見分けることができる。

また、コイチともよく似ており、本種のウロコは均一に並んでいるように見えるのに対し、コイチのウロコはバラバラに乱れて見えることから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、背ビレの棘が非常に鋭いため注意が必要である。

食性

動物食性で小魚や甲殻類、多毛類などを捕食する。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているシログチの捌き方を紹介する。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

小骨が残らないように丁寧に捌くこと。
料理刺身、フライ、ムニエル、塩焼き、練り物など。

釣り人は覚えておこう! 刺し身の基本的な切り方「そぎ造り」と「平造り」
白身魚を釣ったら作ろう! 極上の「フィッシュ&チップス」の作り方
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

投げ釣り

濁りが入った時や夜のほうが釣りやすく、砂地の河口付近や防波堤、砂浜で狙うと良い。

群れで回遊しているので広範囲を探るのが理想的な釣り方といえるだろう。

持っておくと便利!ちょい投げ釣りに役立つおすすめのアイテム5選
堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方
釣れる時期水温の上昇と共に活性が上がるため、5~10月が釣りやすい。
タックル

投げ釣り

シーズン中ならばエギングタックルやシーバスタックルでも狙える。それ以外ならばキスと同じような投げ釣りタックルを使用した方が遠投性などを含め便利である。

ロッドは投げ竿の25~30号程度のもの、リールは中型スピニングリール、ハリスはナイロン3号前後かPE1~2号前後のものを使う。

天秤はオモリ20号程度のものに、丸セイゴ針かキス針が使いやすい。
ルアー・餌アオケブ、アオイソメ、イワイソメ、サンマの切り身(大型狙い用)など。

これで完璧! 4種類の「虫餌の刺し方」の手順まとめ
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法
次の釣行でも使える!虫エサの保存方法まとめ

公式チャンネル

  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト