トップページ>魚図鑑>ハタタテダイ (旗立鯛)

ハタタテダイ (旗立鯛)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目チョウチョウウオ科ハタタテダイ属
別名 イトヒキ、シマダイ、ホタテなど
英名 Pennant coralfish
由来 背鰭が伸長している様が、「旗を立てて泳いでいる」ように見えることから由来する。

分布

九州地方以南~琉球諸島

似ている魚との見分け方

ムレハタタテダイと酷似しているが、本種の尻ビレは丸みを帯びており、黒と白の境界がややぼやけているのに対し、ムレハタタテダイの尻ビレは角ばっており、黒と白の境界がはっきりしていることから見分けることができる。

また、ツノダシにも似ているが、本種の尾ビレは黄色なのに対し、ツノダシの尾鰭は黒いため見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

雑食性で付着藻類や底生生物を捕食する。

食味

捌き方 観賞用として流通していることが多く、食用とされるのは稀である。
料理 塩焼き、煮付けなど。

釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

温暖な海域を好むため、南西諸島などのサンゴ礁域に多く生息している。主に外道として釣れるもので、メインターゲットとなることはほとんどない。口が小さいので小さなサビキ針を使用しないと釣れないこともあるので注意しよう。

釣り分けをするのは難しいが、群れが入れば大漁も見込めるのがこの釣りの魅力である。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ
群がる魚たち! 実はこうなっていた「サビキ釣り」の水中映像
釣れる時期 年中釣ることができる。
タックル

サビキ釣り

磯竿を使い本格的に狙うこともでき、エギングタックルやシーバスタックルを転用しても良い。サビキ仕掛けに耐えられる強度があればタックルどのようなものでも使える。

ロッドは磯竿の3号程度のものや8~9フィート程度のエギング、シーバスロッド、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロンの3~5号程度のものを使い、ウキは7~10号程度の浮力のものが使いやすい。

サビキ釣りに必携!おすすめの便利アイテム5選
ルアー・餌 オキアミ、コマセなど。

公式チャンネル