トップページ>魚図鑑>カタボシイワシ (肩星鰯)

カタボシイワシ (肩星鰯)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 ニシン目ニシン科サッパ属
別名 ホネイワシなど
英名 Blackear sardine
由来 鰓蓋骨部分の黒点模様が、まるで肩の部分に星模様が付いているように見えることから由来する。

分布

関東地方以南~九州地方南部

似ている魚との見分け方

ニシンやサッパに似ているが、本種は鰓蓋骨部分に黒点模様があり、腹が銀白色で身体が細い特徴などから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

プランクトン食性で動物プランクトンを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは形状の似ているコノシロの捌き方を紹介する。
  1. 鱗を丁寧に落とす。
  2. 3枚おろしにして捌く。

小骨が多いので気になる人は骨抜きなどでしっかりと処理をしよう。
料理 なめろう、フライ、煮付け、干物など。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」
連載:釣った魚を美味しくする技術【第3回 一夜干し】

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

温暖な海域に生息しているため、鹿児島県や宮崎県の沿岸域に多い。

上記2県では群れさえ接岸していれば陸地から比較的容易に釣ることができるようだが、その他の地域では釣れるのはごく稀のようだ。

手前まで寄ってきていればサビキ仕掛けを落とすだけで良いが、寄ってない場合はウキを使って沖のポイントのタナを変えながら探り、群れを探し当てる手もある。

目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ
群がる魚たち! 実はこうなっていた「サビキ釣り」の水中映像
釣れる時期
タックル

サビキ釣り

磯竿を使い本格的に狙うこともでき、エギングタックルやシーバスタックルを転用しても良い。サビキ仕掛けに耐えられる強度があればタックルどのようなものでも使える。

ロッドは磯竿の3号程度のものや8~9フィート程度のエギング、シーバスロッド、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロンやフロロの3~5号程度のものを使い、ウキは7~10号程度の浮力のものが使いやすい。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
サビキ釣りに必携!おすすめの便利アイテム5選
ルアー・餌 オキアミなど。

公式チャンネル