トップページ>魚図鑑>>コクハンアラ (黒斑𩺊)

コクハンアラ (黒斑𩺊)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハタ科スジアラ属
別名クルバニーアカジン、クルバニミーバイ、チンスアカジン、ハネグロなど
英名Blacksaddled coral grouper
由来

分布

南日本(主に沖縄諸島)

似ている魚との見分け方

スジアラとよく似るが、本種の胸ビレが黒色をしているが、スジアラはそのような特徴がないことから見分けることができる。また、どちらも青色斑点があるが、スジアラの方がその斑点が鮮明である特徴も合わせて判別要素となる。

毒や危険性について

大型になるとシガテラ毒を持つ固体も稀に存在すると言われている。

シガテラ毒は神経毒で、フグの毒の数十倍強いと言われており、中毒症状は下痢、嘔吐、筋肉痙攣、血圧低下、ドライアイスセンセーションなどが挙げられる。

このような症状が発症したら至急病院に急行し、専門の治療を受けること。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、イカ、タコなどを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているクエの捌き方を紹介するが、本種はシガテラ毒を持つ個体が稀に存在すると言われているため、調理は自己責任で行ってほしい。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

鱗は硬いため綺麗に取っておくこと。
料理※大型になるとシガテラ毒を持つ固体も稀に存在すると言われているため、料理は自己責任で行ってほしい。

汁物、鍋物、刺身、煮付けなど。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」
寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法

釣りについて

釣り方

磯釣り

磯の中でも荒磯と言われる磯で釣れることが多い。

急に水深が深くなっているような場所や沈み根が点在している場所がポイントとなるが、潮通しが良いことが絶対条件となる。

大きい固体は想像を絶する引きなことから、足場を考慮した上で場所を選ぼう。

沖釣り

置き竿のウィンチスタイルで狙うのが一般的だ。

急に水深が深くなっているような場所や沈み根が点在している場所がポイントとなるが、潮通しが良いことが絶対条件となる。

狙うタナは底から3m前後が目安となり、船頭さんの指示に従い餌を投入しよう。

餌はサバやカツオ、イカ、ムロアジなど様々で、乗船する船に問い合わせることをおすすめする。
釣れる時期
タックル

磯釣り

クエ専用竿が良い。

ロッドは5m前後の大物用の磯竿、リールには道糸を120~150m程巻ける大型の両軸リール、道糸はPE30号前後、道糸にはナイロン80号前後、先糸にワイヤー#32程度を2m前後、ハリスにワイヤー#32程度を1.2m前後が使いやすい。

オモリは30〜40号程度、針は35号前後のクエ針を使用する。

沖釣り

ロッドは2.5m前後の専用竿か泳がせ竿、リールは大型の両軸リールか電動リール、道糸は60〜100号程度のものを100m以上、ハリスは60~100号を2m程度が使いやすい。

オモリは100号以上の中通しオモリ、針は35号前後のクエ針を使用する。
ルアー・餌磯釣りの場合は付けエサにサバやムロアジ、コマセとしてカツオなどのワタ、冷凍サバやカタクチイワシのぶつ切りなどを使用する。

沖釣りの場合はサバやカツオ、イカ、ムロアジの死にエサかムロアジ、イカの活きエサを使用する。

公式チャンネル

  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト