テーマ別

トップページ>魚図鑑>>キツネフエフキ (狐笛吹)

キツネフエフキ (狐笛吹)

写真提供 : tk84 様
写真提供 : tk84 様
写真提供 : tk84 様
写真提供 : tk84 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目フエフキダイ科フエフキダイ属
別名ウムナガー、ウムナー、オモナガー、オモナー、ヤキーなど
英名Longnose emperor, Emperor bream
由来「キツネ(狐)」のように口が長く伸びており、口元が「笛を吹いている」ように尖っていることから由来する。

分布

九州南部以南

似ている魚との見分け方

ハマフエフキに似るが、本種はハマフエフキよりも口(吻部)が突き出て伸びていることから見分けることができる。

また、オオフエフキによく似るが、本種の側線から背ブレにかけてのウロコが4枚なのに対し、オオフエフキは5枚なことから見分けることができる。

毒や危険性について

厚生労働省の発表によると、シガテラ毒を持つ固体が存在すると言われている。

「シガテラ毒」のシガトキシンは脂に溶ける性質があり、本種の肉・内臓に分布する。この「シガテラ毒(シガトキシン)」は熱に強く、加熱しても壊れないことも覚えておきたい。
魚の鮮度に関わらず、シガトキシンを多量に含む魚の刺身、煮付け、てんぷら、フライなどの様々な調理品でシガテラになるので注意しよう。

「シガテラ毒」は神経毒で、フグの毒の数十倍強いと言われており、中毒症状は下痢、嘔吐、筋肉痙攣、血圧低下、ドライアイスセンセーションなどが挙げられる。
このような症状が発症したら至急病院に急行し、専門の治療を受けること。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、頭足類、多毛類などを捕食する。

食味

捌き方※厚生労働省の発表によるとシガテラ毒を持つ個体が存在し、死亡事例もあるため個人で捌くことはおすすめできない。
料理※厚生労働省の発表によるとシガテラ毒を持つ個体が存在し、死亡事例もあるため個人で調理することはおすすめできない。

釣りについて

釣り方

ブッコミ釣り

成魚になると60センチメートル近くにもなり引き味も強烈で人気のターゲットのひとつだ。

日中は沖にいて、夜間に浅瀬に寄って来るため夜釣りが良い。アタリがあってもすぐに合わせずに待ってから合わせるのがポイントだ。

磯から夜釣りで狙うことが多く、ウツボの猛攻に遭うこともしばしばなことから予備の仕掛けはいつもより多めに準備するようにしよう。
釣れる時期
タックル

ブッコミ釣り

大型のものが釣れることも珍しくないため強めのタックルで臨むことを推奨する。

ロッドはタマン竿、もしくは5~10号程度の磯竿や石鯛竿が良く、リールは中型~大型スピニングリール、中・大型両軸リール、道糸はナイロン14号程度のもの、もしくはPE3号程度のものが使いやすい。

ハリスはフロロ12号前後のものを1.5~3m前後取るのが理想である。
ルアー・餌イカの短冊、サンマ、ムロアジの切り身、イカナゴなど。

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト