トップページ>魚図鑑>ミズダコ (水蛸)

ミズダコ (水蛸)

写真提供 : 阿部 様
写真提供 : 阿部 様
写真提供 : 阿部 様
写真提供 : 阿部 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類タコ目ミズダコ科ミズダコ属
別名オオダコ、ホッカイダコ(北海)、サクラダコ、シオダコなど
英名North Pacific Giant Octopus
由来マダコ(真蛸)に比べ「水っぽい」身質のため「ミズダコ(水蛸)」となったと言われている。

分布

北海道~東北地方

似ている魚との見分け方

マダコとよく似るが、大きさは明らかに本種が大きいことが特徴である。本種は最大3m程にも達するのに対し、マダコは60cm前後とかなりの差がある。また、本種は水かきが発達しており非常に大きいが、マダコはさほど大きくないことからも合わせて見分けることができる。

これで見分けがつく!釣れるタコの種類と特徴まとめ

毒や危険性について

本種の顎(カラストンビ)は非常に大きく、噛まれると大怪我に繋がるため注意が必要となる。

食性

肉食性で甲殻類や貝類、小魚などを捕食する。

釣りについて

釣り方

タコジグ釣り

沖堤防から狙う釣り方であり、専用タックルも販売されている。

防波堤のキワ(ヘチ)に落としこみ、タコジグを着底させ竿をゆっくり上下にあおる動作を繰返す。マダコがタコジグを抱き込み、同時に海底に張り付かれると釣り上げるのが難しくなるため、アタリがあったら即アワセで強引に引きずり上げよう。

軽く遠投し、海底を一定のテンションで引きずりアタリを待つ方法もあるが、根ががりが多い釣り方のため注意が必要である。

テンヤ釣り(船)

船からテンヤ仕掛けで狙う釣り方であり、専用タックルも販売されている。

テンヤにカニや豚肉、鶏肉、イワシなどを巻き付け、真下に落とし着底させ、竿をゆっくり上下にあおる動作を繰返す。

潮の流れもあるため、着底の確認を怠ると根ががりの原因になるので注意が必要である。

マダコがテンヤを抱き込み、同時に海底に張り付かれると釣り上げるのが難しくなるため、アタリがあったら即アワセで強引に引きずり上げよう。
釣れる時期年中楽しめるが、交接期前の8~11月が釣りやすい。
タックル

タコジグ釣り

専用タックル、強めのジギングタックルが良い。

ロッドは8フィート前後の強靭なロッド、リールは中・大型スピニングリール、ラインはPE10号以上、リーダーはフロロの10号以上を使いやすい。

障害物や海底に張り付く事が多いため、ロッドは強いほどいいとされる。最近はタコジグに似た多様な仕掛けが売り場に並んでおり、すぐ使えるものもあるのでそちらを選んでも良い。

テンヤ釣り(船)

専用タックル、ジギングタックルが良い。

ロッドは7フィート前後の強靭なロッド、リールは中・大型スピニングリール、中・大型両軸受けリール、ラインはPE8号以上、リーダーはフロロの10号程度が使いやすい。

障害物や海底に張り付く事が多いため、ロッドは強いほどいいとされる。テンヤに縛るエサは様々な種類があるが、その日のヒットパターンを見極めるのも重要となってくる。
ルアー・餌タコジグ、タコテンヤ、プラカニ、カニ、イワシ、豚肉、鶏肉など。

公式チャンネル

  • アルカジック
  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト