トップページ>魚図鑑>ヒゲダイ (髭鯛)

ヒゲダイ (髭鯛)

外観・内観写真

写真提供 : キワ☆プロ 様
写真提供 : キワ☆プロ 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目イサキ科ヒゲダイ属
別名 コウコダイ、トモシゲ、トモモリ、コショウダイ(混称)、コロダイ(混称)など
英名 Beard grunt
由来 下アゴに髭があることから「ヒゲダイ(髭鯛)」となり、「タ」は魚体が平であること、「イ」は魚類を示す魚(うお、いお)から由来すると言われている(本種はタイの仲間ではなく、イサキの仲間である)。

また、英名であるBeard gruntの「Beard」も髭を意味する。

分布

東北地方南部~九州南岸の太平洋側、瀬戸内海、小笠原諸島

似ている魚との見分け方

ヒゲソリダイによく似ているが、本種は下アゴにアゴ髭が密生しているのに対し、ヒゲソリダイの下アゴの髭は剃り後程度で目立たないことから見分けることができる。

また、本種の吻(口)はフエフキダイのように突き出ているが、ヒゲソリダイの吻はあまり突き出ていないことも合わせて判別要素となる。

毒や危険性について

毒はないが、背ビレの棘が非常に鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、軟体動物を捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているコロダイの捌き方を紹介する。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落とす。
  3. 内臓を取り除く。
  4. 3枚におろす。

落とした頭はあら汁にすることをおすすめする。
料理 刺身(ポン酢が合う)、塩焼き、煮つけ、汁物、あら汁、ムニエルなど。

英名の「grant」はイサキを意味し、その名の通り身はイサキのような上品な白身である。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

ブッコミ釣り

本種は生息数が少なく狙って釣れる魚ではないが、コロダイやハマフエフキ(タマン)を狙ったブッコミ釣り時の嬉しい外道として釣れることが稀にある。

砂地の場所やゴロタ場、岩礁帯、磯などに生息しており、群れで行動することが多い。

日中は沖にいて、夜間に浅瀬に寄って来るため夜釣りが良い。アタリがあってもすぐに合わせずに待ってから合わせるのがポイントである。

力はそれほど強くないが、突っ込むような引き味が特徴的だ。
釣れる時期
タックル

ブッコミ釣り

大型のものが釣れることが珍しくないため、専用のタックルで臨もう。

ロッドはタマン竿、もしくは5~10号程度の磯竿や石鯛竿が良く、リールは中型~大型スピニングリール、道糸はナイロン8~14号程度のもの、もしくはPE4~5号程度のものが使いやすい。

ハリスはフロロ12号前後のものを1.5~3m前後取るのが理想である。
ルアー・餌 イカの短冊、サンマ、サバの切り身、イカナゴなど。

公式チャンネル