テーマ別

トップページ>魚図鑑>>チョウザメ (蝶鮫)

チョウザメ (蝶鮫)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類チョウザメ目チョウザメ科チョウザメ属
別名-
英名Sturgeon
由来頭部や胸ビレ、尾ビレの形状が鮫に似ていることと、体表面を覆う硬い鱗が蝶の形に似ていることから、「蝶」のような鱗を持つ「鮫」ということで「チョウザメ(蝶鮫)」と名付けられたといわれている。また、チョウザメは鮫という名前がついているが鮫ではない。

分布

明治時代までは北海道の石狩川や天塩川にてミカドチョウザメの産卵が確認されていたが、それ以降日本国内で天然のチョウザメは確認されていない。

現在では北海道をはじめ、宮崎県などでも養殖されている。

似ている魚との見分け方

チョウザメは名前からサメの一種と連想してしまうがサメではなく魚である。

大きな違いとして、サメは6対のエラ穴を持つのに対し、チョウザメは鯛などと同じエラの構造をしていることが挙げられる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性でエビ等の甲殻類や貝類を捕食する。

食味

捌き方
  1. ヒレを切り落とす。
  2. 皮骨を削ぎ落す。
  3. 頭を切り落とす。
  4. 内臓を取り除く。
  5. 三枚おろしにする。

体表面の皮は硬く、皮骨があるため包丁を扱うときは注意が必要である。
料理刺身、ムニエル、フライ、塩焼きなど。

卵の塩漬けである「キャビア」は高価で取引されており、流通量は多くないが燻製のチョウザメ肉も人気である。

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

現在、日本では天然のチョウザメは存在しないため、管理釣り場などで放流されているものを狙うことしかできない。

管理釣り場は様々な魚種が放流されているため、釣分けなどの楽しみ方もできる。

一年中楽しめる!初心者でも爆釣できる「エリアトラウト」の始め方徹底解説
釣れる時期
タックル

ルアー釣り

管理釣り場ではトラウトタックルを流用する。

ロッドは6フィート前後のトラウトロッドに小型スピニングリールが使いやすい。

エリアトラウトなどでは、ラインはナイロンの3ポンド程度を使用するのが一般的であるが、チョウザメとなるとさらにパワーのあるライン選択が必要となることもある。
ルアー・餌スプーン、スピナー、ミノーなど。

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • メジャークラフト