トップページ>魚図鑑>ブダイ (舞鯛・武鯛)

ブダイ (舞鯛・武鯛)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ブダイ科ブダイ属
別名イガミ、エガメ、イガメ、アカエラブチャーなど
英名Japanese Parrotfish, White spotted parrotfish
由来舞うように泳ぐことから「舞鯛」や、鱗が鎧のようであることから「武鯛」と呼ばれる。「タ」は魚体が平であること、「イ」は魚類を示す魚(うお、いお)から由来すると言われている。

分布

本州中部以南(浅い藻場や岩礁帯など)

似ている魚との見分け方

同じブダイ科のアオブダイによく似ている。

アオブダイは鮮やかな青色の魚体で最大80㎝ほどに成長するのに対し、ブダイの魚体は褐色を帯びており、最大で60㎝ほどまでしか成長しないことから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、歯が非常に鋭いので注意が必要である。

一般的にブダイは食用であり毒はないと言われているが、厚生労働省の発表によると中毒原因魚の疑いがある魚種として指定されている。

食性

雑食性で海底の甲殻類や多毛類などを捕食するが、冬場になると海藻類を好む傾向にある。

食味

捌き方
  1. 鱗をとり、頭を落とす。
  2. 3枚おろしで捌く。

鱗が大きく硬いため、始めは鱗引きなどを用い、その後包丁を使おう。
料理刺身、塩焼き、煮付け、ちり鍋など。

冬のブダイは磯臭さが消えるため美味とされてる。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法

釣りについて

釣り方

ウキ釣り

磯や防波堤で釣ることができる。エサは季節に応じて変え、夏はカニなどの甲殻類、冬はヒジキやホンダワラなどの海藻類を用いるのが一般的である。

小さな口を器用に使い餌を捕食するため、アタリが小さいことも珍しくなく、ウキの小さな動きにも細心の注意が必要になる。

仕掛けは松葉天秤と呼ばれる2本針の仕掛けを用い、エサが底を這う用に流すことがポイントである。

ぶっこみ釣り

カニなどを捕食する夏はぶっこみ釣りで狙われることも多い。

沈み根の周りや岩礁帯周りを重点的に攻めることが好釣果を上げる近道とされる。

根がかりなどのトラブルが多発する釣り方であることから、予備の仕掛けなどを複数用意しておくことをおすすめしたい。
釣れる時期年中釣ることができる。

時期により捕食する餌が異なるので注意が必要である。
タックル

ウキ釣り

磯竿や万能竿が良い。

ロッドは5m前後の磯竿や万能竿、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロンの3~4号が使いやすい。

ウキは島ウキやブダイウキと呼ばれる60~80cmの大型棒ウキを用いることでも有名である。

ぶっこみ釣り

投げ釣り用タックルや強めの磯釣りタックルが良い。

ロッドは4m前後の投げ竿や5m前後の磯竿、リールは中型~大型スピニングリール、ラインはナイロン4~5号が使いやすい。

水深や潮の流れなどでオモリの重量を調節するようにしよう、特に潮の流れが速い場所では30号前後のオモリがおすすめである。

それぞれの特徴を理解しよう!「ウキの種類」まとめ
ルアー・餌夏場はカニなどの甲殻類や、冬場は海藻類を用いる。

公式チャンネル

  • アルカジック
  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト