テーマ別

トップページ>魚図鑑>>スケトウダラ (介党鱈・佐渡鱈)

スケトウダラ (介党鱈・佐渡鱈)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類タラ目タラ科スケトウダラ属
別名スケソウダラ、キダラ、ナツトウダラ、スケゾウ、キダラなど
英名Alaska pollock
由来「助っ人」が必要になるくらい大量に取れたことから「助っ人」が転訛して「スケトウ(介党)」になったという説や、昔は佐渡の近海で大量に捕れる魚であったことから「スケトウ(佐渡)」と呼ばれたと言われている。

「タラ(鱈)」も諸説あるが、包丁で切っても身が真っ白なことから「血が足らぬ」の「タラ」の意味や、魚体の模様が斑模様であることから「斑(まだら)」となったが、いつしか「真ダラ」と誤解され総称になったという説がある。

分布

関東中部以北

似ている魚との見分け方

マダラとよく似るが、本種の口はうけ口なのに対し、マダラはその特徴がないことから見分けることができる。

毒や危険性について

毒は無いが、アニサキスという虫が寄生していることがあるので注意が必要である。

釣った魚を食べるときは注意! 釣魚に潜む寄生虫「アニサキス」の恐怖と対策法

食性

肉食性で小魚や甲殻類、多毛類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. ウロコを剥がす。
  2. 頭を落として内臓を出す。
  3. 3枚おろしで捌く。

身質が柔らかいため潰さないように捌こう。
料理フライ(フィッシュ&チップス)、煮付け(身、白子)、鍋物など。

白身魚を釣ったら作ろう! 極上の「フィッシュ&チップス」の作り方
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法

釣りについて

釣り方

探り釣り(船)

船から胴付き仕掛けで主流となっており、専用タックルも販売されている。

本種は水深が約100~500m付近にいることが多いとされており、予想外の魚と出会える可能性も高い。

仕掛けを落とし、着底したところからハリスの長さくらい浮かせてアタリを待つ。海底をオモリでノックして誘うが、アタリがあっても直ぐにアワセを入れず、聞きアワセを入れるのが基本となる。

マダラほど大きいくないものの、強烈な引き味かつ、慎重なやりとりを楽しむことができる。

同船した人にアタリがあった場合は、タナの深さや餌などを真似してみることをおすすめする。

タックルや仕掛けは釣り船が用意してくれる(有料)ところも多いので、気軽に確認してみよう。

初心者は覚えておきたい「船釣りの基本用語」まとめ
船釣り初心者必見! 船酔いしないための5つの注意点
釣れる時期真夏以外はいつでも楽しむことができる。

冬は卵(タラコ)を持ち、真夏は身に脂が回るなど季節別に楽しめる。
タックル

探り釣り(船)

タックルは深海釣り専用のものを用意すること。地域によって様々な仕掛けがあるが、ここでは標準的な仕掛けを紹介する。

ロッドは深海釣り用のもので、オモリ負荷が250~300号前後のもの、リールは大型電動リール、道糸はPE7~10号程度のもの、ハリスはフロロの20号前後のものが使いやすい。

鈎はムツ20号程度のものや、ネムリバリ20号程度のものを枝スで3本ほど付けてやると良い。オモリは水深や潮流に合わせて250~300号前後のものを用意しよう。

深海を狙う釣りになるため、大型電動リールを用意して道糸は最低でも500mほどは巻いておこう。

乗船する船により仕掛けなどが変わる可能性もあるため、事前に電話などで問い合わせをすることをおすすめする。

船釣りを快適にしてくれるオススメアイテム5選
忘れずに持って行こう! 船釣りで使う小物5選
ルアー・餌サバ・サンマ・カツオなどの切り身、イカ、タコベイトなど。

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト