テーマ別

トップページ>魚図鑑>>シロサバフグ (白鯖河豚)

シロサバフグ (白鯖河豚)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類フグ目フグ科サバフグ属
別名カナトフグ、カナフグ、キンフグ、ギンフグ、サバフグなど
英名Green rough backed puffer
由来「シロサバ」は不明だが、「フグ」の語源は多様にあるものの、口で砂を吹きあげゴカイを捕食する特徴の「吹く(ふく)」が転訛したという説が有名だ。英名のPufferも「吹く人(もの)」という意味である。

分布

沖縄諸島を除く日本各地

似ている魚との見分け方

クロサバフグ(黒鯖河豚)によく似ているが、名前の通りシロサバフグ(白鯖河豚)は白みがかった銀色をしているのに対し、クロサバフグ(黒鯖河豚)は黒みがかった体色で、尾ビレの上葉と下葉が白くなっていることから見分けることができる。

また、ドクサバフグ(毒鯖河豚)とも酷似しており一見判別は難しいが、シロサバフグの背面のザラザラした部分(ヤスリみたいな小棘)は背ビレの付け根まで伸びていないものの、ドクサバフグは背ビレの付け根まで達している点から見分けることができる。

ドクサバフグ(毒鯖河豚)は名前の通りフグ毒として有名なテトロドトキシンという神経毒(猛毒)を全身に持ち、摂取した場合、体の痺れや麻痺、呼吸困難などの症状が出る。

テトロドトキシンによる中毒は、有効な治療法や解毒剤は存在しないと言われており、大量に摂取してしまった場合は即死の可能性もある(1グラムで500人程の致死量といわれる)。

助かるためには救急にかかるまで人工呼吸が必要であり、一命を取り留めた場合でも障害が残る恐れがある。

毒や危険性について

シロサバフグは無毒の珍しいフグであるが、歯が鋭いので注意が必要である。

本種に酷似しており猛毒を持つドクサバフグ(毒鯖河豚)と間違わないように注意したい。

触れないように気をつけよう!サビキ釣りで釣れる毒魚まとめ
まるでニッパー! アルミ缶も噛み切るフグの力に注意!

食性

肉食性で小魚や甲殻類、貝類などの軟体動物、多毛類など捕食する。

食味

捌き方※シロサバフグに毒はないが、調理をする際は「ふぐ調理師」という都道府県知事が認可する免許状が必要になるため、「ふぐ調理師免許」を取得をして調理しよう。
料理鍋物、唐揚げ、味噌汁など。

寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法

釣りについて

釣り方

カットウ釣り(船)

ショウサイフグ釣りで有名な釣り方であり、専門のロッドも販売されている。

本種は狙って釣ることは容易ではなく、ショウサイフグ釣り時の嬉しい外道として考えたほうが無難である。

カットウバリと呼ばれるトリプルフックのような針で餌を食べにきたフグを引っ掛ける釣り方だ。

オトリの餌をついばむフグの存在を感じることができなければ釣りが成立しないため、アタリに繊細な竿が必要不可欠となる。

フグは歯が鋭く仕掛けを切られる事が多々あるため、予備の仕掛けを複数準備しておこう。

ブッコミ釣り

専門で狙うのは難しいため、ブッコミ釣り時の嬉しい外道として考えたほうが無難である。

鋭い歯でハリスなを切られることが頻発するようであれば、ワイヤーやゴムチューブなどで対策しよう。

数本竿を用意し、置き竿にしてアタリがくるまで待つようにしよう。根掛かりが多い釣りなので、予備の仕掛けは多めに用意しておくことをおすすめする。
釣れる時期年中楽しめるが、9~5月が最も釣りやすい。
タックル

カットウ釣り(船)

カワハギ用タックル、キス用タックル、専用タックルなどが良い。

ロッドは2m程度のものを用意し、リールは小型・中型両軸リール、ラインはPEの1~2号程度が使いやすい。

カットウ仕掛けは釣り船によって個性があるため、事前に船長や船宿に確認することをおすすめしたい。

ブッコミ釣り

手持ちの竿ならほぼどのようなものでも転用できる。

竿はある程度の強度があれば何でも良い。リールは小型~中型スピニングリール、ラインはナイロン2~3号前後、リーダーはフロロカーボン2〜3号前後が使いやすい。
ルアー・餌アオヤギの剥き身、エビ、イカの短冊、サバの短冊、サンマの短冊、ゴカイ、イソメなど。

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • メジャークラフト