トップページ>魚図鑑>サケガシラ (鮭頭・裂頭)

サケガシラ (鮭頭・裂頭)

外観・内観写真

写真提供 : 兵動太一 氏
写真提供 : 兵動太一 氏
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 アカマンボウ目フリソデウオ科サケガシラ属
別名 ジシンウオ(地震魚)など
英名 King of salmon
由来 「頭部」鼻孔の上部に溝があり、「裂けている」ように見えることから「サケガシラ(裂頭)」と呼ばれている説と、「鮭」の群れを率いて泳いで来る(鮭が豊漁となる)という伝説から「サケガシラ(鮭頭)」と命名された説があると言われている。

分布

日本全域

似ている魚との見分け方

テンガイハタによく似るが、本種は頭部の鼻孔上部に溝があるが、テンガイハタにはその特徴がないことから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、歯が鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性と考えられている。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているタチウオの捌き方を紹介する。
  1. 頭を落とす。
  2. 腹を割いて内臓を取る。
  3. 3枚卸で捌く。

身に水分が多すぎるため、一夜干しにして水分を飛ばしてから調理することをおすすめする。
料理 煮付け、焼き物など。

本種は食べることができる魚であるが、食味などから考えて一般的には適さないと言われている。

釣りについて

釣り方

ジギング

専門で狙うことは現段階では不可能近く確立した釣り方は存在しないが、ジギング時に釣れたとの情報がある。

ロックフィッシュを狙う要領で根や底を意識したジャークアクションでメタルジグを操作しよう。

アンコウは海底にいることが多く、目の前を通過した餌のみに反応するとも言われているため、底付近をネチネチ攻めることで反応を得られることもある。

根や海底を攻めることで根がかりが頻発することがあるので、ショックリーダーやメタルジグの予備は必ず準備するするようにしたい。

大型青物を狙ってみよう!オフショアジギングの始め方徹底解説
釣れる時期
タックル

ジギング

ジギング専用ロッドが良い。

ロッドは6フィート前後のジギングロッド、リールはラインキャパのあるベイトリールまたは大型スピニングリール、ラインはPE3号程度、リーダーはナイロンかフロロカーボンの10号前後が使いやすい。
ルアー・餌 メタルジグなど。

公式チャンネル