テーマ別

トップページ>魚図鑑>>テンジクダイ(天竺鯛)

テンジクダイ(天竺鯛)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目テンジクダイ科ツマグロイシモチ属
別名ナミノコ、ネブト、モチウオ、メブト、イシモチなど
英名verticalstriped cardinalfish
由来

分布

北海道下部以南

似ている魚との見分け方

テンジクダイ科の魚とよく似るが、本種は10本の暗色横帯があるのに対し、その他の魚にはその特徴が無いことから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で小型甲殻類や動物性プランクトン、小魚などを捕食する。

食味

捌き方
※ここでは、形状が似ているクロホシイシモチの捌き方を紹介する。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落とし内蔵を取る。
  3. 背開きで捌く。

体表の鱗を取り、頭と内臓を取り除くだけでも良い。
頭の中に耳石と呼ばれる炭酸カルシウムの結晶が入っているので取り除こう(無害だが硬い)。

片付けが楽に! 台所を汚さず魚を調理するコツ
料理小型で食用にできる部分は少ないが、唐揚げ、素揚げ、南蛮漬けなどにできる。

魚の「揚げ物」料理をふっくら美味しく仕上げる5つのコツ

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

堤防や漁港など身近なポイントで釣ることができ、夜行性でであることから夜釣りの外道として有名である。

サビキ仕掛けのコマセカゴの中にコマセを詰めた後、真下の海中に落とす。寄せ集めるために竿を上下にあおり、コマセをコマセカゴから散乱させると良い。

些細な差が釣果を変える!?誰も釣れてない時にサビキで爆釣する5つのコツ
目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ

ライトゲーム

堤防や漁港など身近なポイントで釣ることができる。

ライトゲームに必要とされるのは、ロッドとリール、ラインにルアーという、ルアー釣りにおける最もシンプルなタックルで、かつそれぞれが軽量なもの。そのため、仕事帰りやちょっとした隙間時間に気軽に楽しめるのがこの釣りの魅力である。

主にマアジを狙ったアジングの際に外道として釣れることが多いため、以下のリンクではアジングを中心に記載する。

初心者のための「アジングの始め方」徹底解説
尺アジを釣り上げよう! アジングでサイズアップを実現する5つのコツ
プラスアルファで快適に! 「アジングで便利なアイテム」まとめ
釣れる時期年中楽しむことができる。
タックル

サビキ釣り

磯竿を使い本格的に狙うこともでき、エギングタックルやシーバスタックルを転用しても良い。サビキ仕掛けに耐えられる強度があればタックルどのようなものでも使える。

ロッドは磯竿の3号程度のものや8~9フィート程度のエギングロッドやシーバスロッド、リールは中型スピニングリール、ラインはナイロンやフロロの3~5号程度のものを使い、ウキは7~10号程度の浮力のものが使いやすい。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ

ライトゲーム

アジングなどの専用タックルが良い。

ロッドは7フィート前後の専用スピニングロッド、リールは1000~2000番程度のスピニングリール、ラインはPEだと0.1~0.4号前後、エステルラインだと0.2~0.3号前後、フロロカーボンだと1〜2.5ポンド前後が使いやすい。

初心者向けアジング用おすすめタックルまとめ
釣果に繋がる「アジング用リール」の選び方とおすすめ3選
アジングにおすすめ!おすすめのエステルライン5選
アジング用ジグヘッドの選び方と、おすすめ5選
ルアー・餌サビキ、コマセ、小型ワームなど。

これを選べば間違いなし!アジング用ワームの基礎知識とおすすめ製品

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト