テーマ別

トップページ>魚図鑑>>アヤメカサゴ (文目笠子)

アヤメカサゴ (文目笠子)

写真提供 : 松丼 様
写真提供 : 松丼 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目メバル科カサゴ属
別名オキアラカブ、ガラカブ、アカガシラ、アカゲなど
英名Yellowbarred red rockfish
由来「アヤメ(文目)」は網目模様の斑紋から、「カサゴ(笠子)」は頭が大きく、笠をかぶっているような外観に見えることから由来すると言われている。

分布

東北地方中部以南

似ている魚との見分け方

他のカサゴ類とよく似るが、本種の体側には黄色の網目状の斑紋があるのに対し、他のカサゴ類にはその特徴が無いことから見分けることができる。
また、本種には目の下に棘があることも合わせて判別要素となる。

毒や危険性について

毒はないが、各ヒレと目の下の棘が非常に鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で多毛類、甲殻類、小魚などを捕食する。

食味

捌き方
  1. 頭を含めしっかりと鱗を取る。
  2. 中骨を切る。
  3. 尻から包丁を入れ頭と内臓を取る。
  4. 腹の中を綺麗に洗う(歯ブラシが便利である)。
  5. 3枚卸で捌く。

捌く前に各ヒレをキッチンバサミなどで落とすことで怪我の予防になる。
料理刺身、アクアパッツア、煮付け、汁物など。

釣った魚は綺麗に盛ろう! 美しい「姿造り」の作り方
釣った魚で手軽にイタリアン! 「アクアパッツァ」の簡単な作り方
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方

釣りについて

釣り方※本種は専門で狙われることが少なく、ホウボウ釣り時での外道として釣れることが多いことから、以下ではホウボウ釣りを紹介したい。

船釣り

胴付き仕掛けで狙うのが一般的であり、専用で狙う船宿もある。

船の帆を立てずに横長しでの釣りが基本となる。

仕掛けを着底させ糸ふけを取りながら、1m前後エサを浮かせてアタリを待つ。底スレスレにエサがくるようにタナを設定しても良い。

アタリが無いようであればオモリで底を叩くようにシャクり、再び目的のタナへエサを誘導しよう。

ルアー釣り(船)

潮の動きが少ない時はタイラバなどの方に分があるとも言われている釣り方であり、タイラバやメタルジグで狙うのが一般的である。

ホウボウは普段、底を這うように行動しているため、縦のシャクリというよりも横にスライドさせるようなシャクリが有効である。

また、エサを付け替える必要がないため手返しは良いが、その時の水深や潮の強弱によって重さを変えていくのも釣果を伸ばすコツとなる。

魚なのに歩いてる!? 知られざる「ホウボウ」の水中の姿が激写される!
連載 : 初心者のためのタイラバの始め方【第1回 タイラバ(鯛ラバ)とは?】
釣れる時期年中楽しめる。
タックル

船釣り

ヒラメ用タックル、ビシアジ用タックルが良い。

ロッドは2.5m前後で40~120号のオモリを背負えるもの、リールは中型電動リールか中型両軸リール、ラインはPE3号前後が使いやすい。

仕掛けは専門の物が販売されているのでそちらを使おう。

外道でマダイやヒラメなどの大型魚が釣れることも多々あるため、予備の仕掛けを複数用意しておいたほうが良いだろう。

初心者は覚えておきたい「船釣りの基本用語」まとめ
船釣り初心者必見! 船酔いしないための5つの注意点

ルアー釣り(船)

タイラバ用ロッドが良い。

ロッドは6フィート前後で60~120号のタイラバを背負えるもの、リールは小・中型両軸リール、ラインはPE0.8~1号前後、リーダーはフロロカーボンの2~3号が使いやすい。

海底付近でのアクションを多様する釣り方なため、根がかりやライントラブルなどの問題を視野に入れ、リーダーやタイラバなどの予備を準備しておくと良い。

もう迷わない! タイラバ用ラインの「太さ・号数」の選び方
船釣りを快適にしてくれるオススメアイテム5選
忘れずに持って行こう! 船釣りで使う小物5選
ルアー・餌サバやサンマの短冊、オキアミ、イソメ、ゴカイ、タイラバ、メタルジグなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト