テーマ別

トップページ>魚図鑑>>イトウ (伊富魚・伊富・伊当・𩹷)

イトウ (伊富魚・伊富・伊当・𩹷)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類サケ目サケ科イトウ属
別名イド、イト、チライ、オビラメ、オペライペ、ヤヤッテチェプなど
英名Japanese huchen
由来同じサケ類の中では細長い体形であり、人の目に触れる頃には産卵でやせ細っていることから「糸のような魚」と呼ばれ、それが転訛して「イトウ」となったと言われている。

分布

北海道

似ている魚との見分け方

アメマスに似ているが、本種の体側には白色斑紋はないが、アメマスの体側には大きめの白色斑紋があることから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、歯が鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、爬虫類、両生類、哺乳類などを捕食する。

食味

捌き方絶滅危惧IB類に指定されている魚種のため、リリースすることをおすすめしたい。
料理絶滅危惧ⅠB類に指定されている魚種のため、リリースすることをおすすめしたい。

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

天然を狙う場合は北海道内にある特定の場所でしか釣ることはできず、かつ幻とも言われ絶滅危惧IB類であることから釣るのは容易ではない。しかし、近年は本種の養殖が成功しトラウトにも放流されていることがある。

個体数は少ないものの河口部から上流部までに広く生息しており、主に障害物、影、流心、流れのヨレなど変化がある場所に潜んでいる。しかし、強い流れは苦手と言われており、比較的緩い流れを好む傾向にある。
また、本種は素早いエサの捕食が苦手とされていることも覚えておいて損は無い。

絶滅危惧ⅠB類に指定されている魚種のため、フックはバーブレスを使用するなどリリース前提の配慮を払って楽しもう。

ルアーを理解してシーバスを釣ろう!「シンキングペンシル」の特徴と使い方
確実に取り込もう!ウェーディング時のランディング方法まとめ
釣れる時期気温が安定してくる4~10月頃が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

シーバスタックル、強めのバスタックルが良い。ロッドはフィールドに応じて選択したい。

河川やウェーデングであれば7フィート前後、広い河口部であれば9フィート前後が目安となる。ロッドの硬さはML(ミディアムライト)~M(ミディアム)をおすすめする。

リールは2000〜3000番前後のスピニングリール、小・中型ベイトリール、ラインはPE1~1.5号前後、リーダーはフロロカーボンの3~5号前後が使いやすい。

初心者向けおすすめシーバスタックルまとめ
初心者向けおすすめシーバスロッド5選【実売1万円台前半】
釣果に繋がる!エリア別シーバス用リールの選び方
シーバス釣りで使うショックリーダーの「種類・長さ・太さ」の選び方
ルアー・餌フローティングミノー、シンキングミノー、シンキングペンシル、メタルジグ、スプーン、ジグヘッドワームなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト