テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ヒメコダイ (姫小鯛)

ヒメコダイ (姫小鯛)

写真提供 : 兵動太一 様
写真提供 : 兵動太一 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハタ科ヒメコダイ属
別名アカハゼ、アカボラ、エレレンス、イワシガンジイ、ナダイトヨリなど
英名Princes small porgy
由来

分布

関東以南~九州地方

似ている魚との見分け方

アカトラギスに似るが、本種はアカトラギスのように黄色の横帯が無いことから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で甲殻類や多毛類などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているシロギスの捌き方を紹介する。
  1. 頭を落とし内臓を取り出す。
  2. 3枚おろしで捌く。

皮も美しく大変美味しいため、皮は引かず(剥がず)に食べるのが主流となっている。そのままでもいいが、皮をバーナーで炙ったり、熱湯を掛ける方法もあることを覚えておこう。
料理刺身、フライ、天ぷら、湯引きなど。

エビの味(甘み)がすると言われており、大変美味である。

もう失敗しない! 「魚の皮引き」を綺麗に仕上げるコツ
魚の「揚げ物」料理をふっくら美味しく仕上げる5つのコツ

釣りについて

釣り方

テンビン仕掛け

本種はアカアマダイの外道として釣れることが多く専門で狙うことはないため、ここではアカアマダイ釣りを紹介したい。

沖釣りで、電動リールを使った片テンビン仕掛けが主流であり、専用タックルも販売されている。

アカアマダイは砂泥質の海底に巣穴を掘って生息しており、上を向いてエサをとる習性があるため、仕掛けを上げすぎないのがポイントとなる。
釣れる時期晩秋から冬にかけてがシーズンのため、3~11月が釣りやすい。
タックル

テンビン仕掛け

ビシ竿、アマダイ専用竿が良い。

竿は2m前後のオモリ負荷30~50号前後、リールはPE4~6号前後が200m以上巻ける中小型電動リールが良い。

アカアマダイは臆病な性格のため、海底をオモリでドスンと叩いてしまうと警戒してエサを食わなくなることもあるようなので注意が必要である。
ルアー・餌オキアミ、冷凍エビ、イソメ、イカなど。

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • メジャークラフト