トップページ>魚図鑑>>オオスジハタ (大條羽太)

オオスジハタ (大條羽太)

写真提供 : 高知の松田 様
写真提供 : 高知の松田 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハタ科マハタ属
別名シマアラ、スジハタ、モウオなど
英名Laterally banded grouper
由来「オオスジ」は幼魚~若魚の時に体側に太い縦筋模様があることから由来し、ハタ科の魚は斑紋のある魚であり、「斑(はだら)」の「ら」が抜け落ちて「ハタ(羽太)」となったと言われている。

分布

関東地方以南~九州地方南部

似ている魚との見分け方

オオクチイシナギに似ているが、本種は体側に黒い斑点模様があるため見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、背ビレの棘が非常に鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、イカ、タコなどを捕食する。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているクエの捌き方を紹介する。
  1. 鱗を包丁で剥くようにして取っていく(すき引き)。
  2. 内臓を取り除き腹の中を綺麗に洗い、頭を落とす。
  3. 3枚おろしにして捌き、用途に応じて下処理をする。

大型のものが多く、個人で捌くのは大変なので料亭などに相談して持ち込むなどすると良い。
料理汁物、鍋物、刺身、煮付けなど。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら覚えておきたい「煮魚を美味しくつくる3つのコツ」
寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法

釣りについて

釣り方

船釣り

水深500m前後にある深場の岩礁域に生息しているとされる。

海底付近に遊泳していることが多いため、仕掛けを着底させたら餌は海底付近を漂うように調整しよう。

本種は大きなものは2m近くにもなる大型魚であるため、タックルは十分な強度のあるものを用意して臨んでほしい。
釣れる時期
タックル

船釣り

オオスジハタは大きなものは2m近くにもなるため大型魚専用の強度があるタックルを用意しよう。

ロッドは2m前後のオモリ負荷300号程度のもの、リールは大型電動リール、それに道糸PE10号を500m程巻いておこう。リーダー、ハリスはフロロの80号前後のもの、鈎はイシナギ35号前後のもの、オモリは200号前後のものを使うと良い。

餌は生餌を使い、こまめに鮮度を確認すること。また、根掛かりすることがあるため仕掛けやオモリは多めに用意することをおすすめする。
ルアー・餌活きスルメイカ、アジ、サバなど。

公式チャンネル

  • アルファタックル
  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト