テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ムツゴロウ (鯥五郎)

ムツゴロウ (鯥五郎)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハゼ科ムツゴロウ属
別名ムツ、カナムツ、ホンムツ、ムットウなど
英名Mud skipper
由来「ムツ」は脂っこいことを意味する「むつっこい」から由来し、「ゴロウ」は「ゴリ(鮴)」が転訛したと言われている。

分布

九州地方の有明海、八代海の一部

似ている魚との見分け方

似ている魚はおらず、体表や各鰭にある鮮やかな青色斑点模様が特徴となる。

毒や危険性について

特になし。

食性

植物食性で干潟の表面にある珪藻類を捕食する。

食味

捌き方
料理※本種は環境省レッドリストで絶滅危惧ⅠB類に指定されているためリリースすることをおすすめしたい。

釣りについて

釣り方

むつかけ

むつかけとは有明海におけるムツゴロウの伝統漁法であり、「むつかけ針」という特殊な針を使って干潟の上にいるムツゴロウを引っ掛けて捕獲する。

干潟の上を歩いて移動することはできないため、ガタスキーという木製板に片膝立ちの状態で乗り、ムツゴロウにできる限り気配を感じられないように射程圏内まで近付くことがポイントだ。

素人ではまず初挑戦で捕獲することは不可能に近いため、熟練者にフォームやコツを教えてもらおう。
釣れる時期産卵期の夏は警戒心が強いため、警戒心の和らぐ9~10月頃が釣りやすい。
タックル

むつかけ

「むつかけ」は特殊な伝統漁法であるため、「むつかけ体験」などに参加して竿や仕掛けを借りて釣りに挑んでほしい。
ルアー・餌

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト