テーマ別

トップページ>魚図鑑>>キツネベラ (狐遍羅・狐倍良)

キツネベラ (狐遍羅・狐倍良)

写真提供 : タニヤン 様 (キツネベラの雄)
写真提供 : タニヤン 様 (キツネベラの雄)
写真提供 : タニヤン 様 (キツネベラの雌)
写真提供 : タニヤン 様 (キツネベラの雌)
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ベラ科タキベラ属
別名クロパンツなど
英名Tarry hogfish
由来「キツネ(狐)」は不明だが、「ベラ(遍羅・倍良)」は平たい魚を意味する。

分布

南日本

似ている魚との見分け方

タキベラと酷似しており、タキベラは体側中央に黄色の横帯があるのに対し、本種はその帯が無いことから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、歯が鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、多毛類などを捕食する。

食味

捌き方
※ここでは、形状が似ているキュウセンの捌き方を紹介する。
  1. うろこを丁寧に取り除く。
  2. 3枚おろしで捌く。

体表の滑りが強いため、ブラシなどでしっかり落としてから捌く。
料理煮つけ、フライ、唐揚げ、ムニエル、塩焼きなど。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
白身魚を釣ったら作ろう! 極上の「フィッシュ&チップス」の作り方
魚の「揚げ物」料理をふっくら美味しく仕上げる5つのコツ
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

胴突き仕掛け(船)

本種はメインターゲットとして狙われることはなく、アカハタやフエフキダイ系、グルクンなどの外道として釣れることがほとんどである。

仕掛けを落とし、着底したところからハリスの長さくらい浮かせてアタリを待つ。海底をオモリでノックして誘うが、アタリがあっても直ぐにアワセを入れず、聞きアワセを入れるのが基本となる。

同船した人にアタリがあった場合は、タナの深さや餌などを真似してみることをおすすめする。

タックルや仕掛けは釣り船が用意してくれるところも多いので、気軽に確認してみよう。

初心者は覚えておきたい「船釣りの基本用語」まとめ
船釣り初心者必見! 船酔いしないための5つの注意点
釣れる時期年中楽しめる。
タックル

胴突き仕掛け(船)

ロッドは2m前後の船釣り用またはタイラバ、スロージギング用のもの、リールは中小型電動リールまたは、PEの2~3号程度を200m以上巻ける小・中型両軸リールが使いやすい。

ラインはPE2~3号程度、ハリスはフロロカーボンの5~7号程度を使用する。

仕掛けは胴付きの2本針仕掛けで、針はチヌ針7号程度またはグレ針16号程度、錘は水深や対象魚によって選ぼう。

最近では釣具量販店などで胴突き仕掛けセットなどが安価で手に入るため、最初はそれらを選ぶことをおすすめしたい。

船釣りを快適にしてくれるオススメアイテム5選
忘れずに持って行こう! 船釣りで使う小物5選
ルアー・餌サバ切り身、オキアミ、イカなど。

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • メジャークラフト