テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ツバメウオ (燕魚)

ツバメウオ (燕魚)

写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目マンジュウダイ科ツバメウオ属
別名ツバクロ、ツバクロダイ、ツバメダイ、アブラウオなど
英名Tiera batfish
由来本種の幼魚はブーメランのような形をしており、「ツバメ(燕)」が羽を広げたようにみえることからこの名が付いたと言われている。

分布

北海道中部以南~沖縄諸島

似ている魚との見分け方

ナンヨウツバメウオによく似るが、本種の腹ビレは黄色であり、その付け根付近に黒色斑点があるのに対し、ナンヨウツバメウオの腹ビレは黒色であり、付け根付近にも黒色斑点が無いことから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

雑食性で海草や動物性プランクトン、甲殻類、小魚、多毛類などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているイシダイの捌き方を紹介する。
  1. ウロコは剥がす。
  2. 3枚おろしで捌く。

本種にはエンガワがあり、美味しく食すことができる。また、ウロコは細かいのでスチールタワシを使うと楽に作業できる。
料理ムニエル、ひれ酒など。

鮮度が良く、臭みが少ない個体は刺身もおすすめしたい。

釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方※本種を狙って釣ることは容易でなく、ウキ釣り時の嬉しい外道として考えた方が無難である。

ウキ釣り

ウキ釣りにも水中ウキ仕掛け、全誘導仕掛けなど、現在様々な種類がある。

各地の防波堤や漁港から様々な魚を狙うことができるが、大型のものは離島や沖磯で狙うと良い。

ポイントとなるのは潮通しの良い波止や岩礁域で、撒き餌と付け餌を上手く同調させるようにしよ う。

本種は漂流物やゴミなどと意図的に同調し身を隠していることが多く、個体数こそ少ないが意外に身近にいることがある。

ウキフカセ釣りの達人、平和卓也が解説する磯釣り攻略法
それぞれの特徴を理解しよう!「ウキの種類」まとめ
タナ取りをスムーズに!フカセ釣りでの水深の測り方
竿は風上、ウキは風下へ!磯釣りでの横風対策法
釣れる時期
タックル

ウキ釣り

磯竿や専用の竿が使いやすい。

ロッドは磯竿の1~1.5号程度、リールは小・中型スピニングリール、道糸はナイロンの1.5~2.5号前後、ハリスはフロロの1~2号前後のものを使うと良い。

円錐ウキを用いるのが一般的で、その浮力に合わせてガン玉を調整しよう。

連載:初心者でもわかるウキフカセの始め方【第1回 竿とリールの選び方】
ルアー・餌オキアミ、コマセなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト