テーマ別

トップページ>魚図鑑>>バラフエダイ (薔薇笛鯛)

バラフエダイ (薔薇笛鯛)

写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目フエダイ科フエダイ属
別名アカナー、カカナ、アカイラウチィ、アカドクタルミなど
英名Two spot red snapper, Large red mumea
由来「バラ(薔薇)」は薔薇の花のような赤い体色から由来し、「フエダイ」は口元が「笛を吹いている」ように尖っていることから由来する。

分布

南日本、特に沖縄諸島

似ている魚との見分け方

ゴマフエダイと酷似するが、本種は目の前に深い溝があるのに対し、ゴマフエダイには溝が無いことから見分けることができる。また、この判別方法は他のフエダイとの比較にも適用できる。

毒や危険性について

大型になるとシガテラ毒を持つ固体が存在すると言われている。

沖縄県衛生環境研究所の調査発表によると、体重が4kg以上、全長が約62cm以上になると有毒率が高いとの報告がある。

「シガテラ毒」のシガトキシンは脂に溶ける性質があり、本種の肉・内臓に分布する。この「シガテラ毒(シガトキシン)」は熱に強く、加熱しても壊れないことも覚えておきたい。
魚の鮮度に関わらず、シガトキシンを多量に含む魚の刺身、煮付け、てんぷら、フライなどの様々な調理品でシガテラになるので注意しよう。

「シガテラ毒」は神経毒で、フグの毒の数十倍強いと言われており、中毒症状は下痢、嘔吐、筋肉痙攣、血圧低下、ドライアイスセンセーションなどが挙げられる。
このような症状が発症したら至急病院に急行し、専門の治療を受けること。

本種はゴマフエダイと見た目が酷似しているが、沖縄県においては過去10年以上ゴマフエダイによるシガテラは確認されていないので間違わないようにしよう。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、頭足類などを捕食する。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているハマフエフキの捌き方を紹介するが、本種はシガテラ毒を持つ個体も存在しており、調理は自己責任で行ってほしい。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

歯が鋭いのでケガをしないように十分に注意しよう。
料理煮付け、刺身、塩焼き、フライなど。

※本種は食用とされているが、シガテラ毒を持つ個体も存在しており、調理は自己責任で行ってほしい。

釣りについて

釣り方

ブッコミ釣り

堤防や漁港、砂地混じりの岩礁域に多く生息しているので釣り場はそれを目安に選ぶと良い。

夜釣りで数本竿を用意し、置き竿にしてアタリがくるまで待つようにしよう。根掛かりが多い釣りなので、予備の仕掛けは多めに用意しておこう。

また、本種はフエダイ属の中でも大型のため普段より強めのタックルで挑むことをおすすめしたい。
釣れる時期温暖な気候を好むため5~10月が釣りやすい。
タックル

ブッコミ釣り

大型のものが釣れることが珍しくないため専用のタックルで臨むことを推奨する。

ロッドはタマン竿、もしくは5~10号程度の磯竿や石鯛竿が良く、リールは中型~大型スピニングリール、大型両軸リール、道糸はナイロン8~14号程度のもの、もしくはPE4~5号程度のものを使う。

ハリスはフロロ12号前後のものを1.5~3m前後取るのが理想である。
ルアー・餌イカの短冊、サンマ、ムロアジの切り身、イカナゴなど。

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト