テーマ別

トップページ>魚図鑑>>バラハタ (薔薇羽太)

バラハタ (薔薇羽太)

写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : ゆやま 様
写真提供 : ゆやま 様
写真提供 : ゆやま 様
写真提供 : ゆやま 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハタ科バラハタ属
別名ナカジューミーバイ、チギ、ツルグエ、ブナガニーバル、スワスンなど
英名coronation trout, Yellow-edged lyretail
由来「バラ(薔薇)」は薔薇の花のように赤い魚体から由来し、斑紋のある魚であり、「斑(はだら)」の「ら」が抜け落ちて「ハタ(羽太)」となったと言われている。

分布

近畿地方以南

似ている魚との見分け方

スジアラと酷似しているが、本種の尾ビレは三日月形なのに対し、スジアラは截形(せつけい)である点から容易に見分けることができる。

毒や危険性について

大型になるとシガテラ毒を持つ固体が存在すると言われている。

沖縄県衛生環境研究所の調査発表によると、体重が2kg以上、全長が約48cm以上になると有毒率が高まるとの報告がある。

「シガテラ毒」のシガトキシンは脂に溶ける性質があり、本種の肉・内臓に分布する。この「シガテラ毒(シガトキシン)」は熱に強く、加熱しても壊れないことも覚えておきたい。
魚の鮮度に関わらず、シガトキシンを多量に含む魚の刺身、煮付け、てんぷら、フライなどの様々な調理品でシガテラになるので注意しよう。

「シガテラ毒」は神経毒で、フグの毒の数十倍強いと言われており、中毒症状は下痢、嘔吐、筋肉痙攣、血圧低下、ドライアイスセンセーションなどが挙げられる。
このような症状が発症したら至急病院に急行し、専門の治療を受けること。

食性

肉食性で小魚や甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているキジハタの捌き方を紹介するが、本種はシガテラ毒を持つ個体も存在しており、調理は自己責任で行ってほしい。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

鱗は硬いため綺麗に取っておくこと。
料理煮付け、刺身、塩焼き、フライなど。

※本種はシガテラ毒を持つ個体も存在しており、調理は自己責任で行ってほしい。

釣りについて

釣り方

ルアー釣り(陸)

磯からルアーで狙うのが一般的である。本種は専門で狙う釣り人は少なく、アカハタやキジハタの外道として釣れることが多い。
キジハタなどと比べ大型であり、底から中層までを自由に泳ぐとされている。

ルアーなどを着底させ、沈み根や障害物付近をリフトアンドフォールで細かく狙うため、根がかりに注意が必要である。
また、本種は想像を絶する引き味であり、根に潜られないように気をつけよう。

通年狙える高級魚!初心者のためのロックフィッシュゲームの始め方徹底解説
釣れる時期温暖な気候を好むため5~10月が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

シーバス、エギングタックル、バスタックル、専用タックルなどが良い。

ロッドは9フィート前後、リールは中型スピニングリールかベイトリール、ラインはPE1.5号前後、リーダーはフロロカーボン5号前後が使いやすい。

障害物が多い場所がメインフィールドとなり、根掛かりが多いので予備のルアー等も準備しておこう。
また、本種を専門で狙うのであれば、他の根魚よりも強めのタックルバランスで挑むことをおすすめしたい。

初心者向けおすすめロックフィッシュ用タックルまとめ
初心者におすすめのロックフィッシュ用ロッド3選【実売1万円台】
ロックフィッシュ用リールに必要なスペックとおすすめ製品まとめ
ルアー・餌ロックフィッシュ用ワーム(テキサスリグ、ジグヘッドを用いたスイミング)、スロー系メタルジグ、ミノー、バイブレーションなど。

編集部おすすめ!ロックフィッシュ用ワームランキング
迷ったらこれを買おう! ロックフィッシュ(根魚)ゲーム用おすすめルアー5選

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト