テーマ別

トップページ>魚図鑑>>キビレミシマ (黄鰭三島)

キビレミシマ (黄鰭三島)

写真提供 : 釣りバカびびこ 様
写真提供 : 釣りバカびびこ 様
写真提供 : 釣りバカびびこ 様
写真提供 : 釣りバカびびこ 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ミシマオコゼ科ミシマオコゼ属
別名ミシマ、ミシマアンコウなど
英名yellowfin stargazer
由来「キビレミシマ(黄鰭三島)」は黄色のヒレを持つ「ミシマオコゼ」という意味であり、「ミシマ(三島)」は「静岡県三島市の遊女の醜さ」から由来すると言われている。
また、「オコゼ」は「醜い魚」との意味でもある。

分布

北海道以南~九州地方

似ている魚との見分け方

ミシマオコゼに酷似するが、本種の胸ビレ・尾ビレは黄色をしているのに対して、ミシマオコゼは黒褐色なことから見分けることができる。
また、本種はエラ蓋に4本の棘があるのに対し、ミシマオコゼは3本なことから合わせて判別できる。

毒や危険性について

毒はないが、鋭い棘があるため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、イカ類などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているミシマオコゼの捌き方を紹介する。
  1. 背鰭を取る。
  2. 頭を落とし内臓を取る。
  3. 3枚おろしにして捌く。

角のような棘に十分注意して捌いてほしい。
料理鍋物、お吸い物、刺身、煮付け、唐揚げなど。

寒い冬にピッタリ! 鍋におすすめの釣魚と下処理方法
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
白身魚を釣ったら作ろう! 極上の「フィッシュ&チップス」の作り方
魚の「揚げ物」料理をふっくら美味しく仕上げる5つのコツ

釣りについて

釣り方

ブッコミ釣り

北海道以南の日本全国の水深が深い砂地、砂泥の海底に生息しており、浅場に入ってくることも少なくないためヒラメやカレイ狙い時の外道として釣れることがある。一般的に狙って釣るのは難しい魚とされる。

仕掛けに餌を付けたら名前の通りぶっこんで(投げておく)待つだけである。竿先に鈴を装着しておくとアタリに気付きやすい。

餌は青イソメを使うとで大キスやセイゴ(スズキ)、メイタ(チヌ)が釣れることがある。底をとるので鈎は食い込みが良く根掛かりの少ない丸セイゴか流線の11〜12号前後をおすすめする。
釣れる時期
タックル

ブッコミ釣り

竿はある程度強度があれば何でも良い。リールは小型~中型スピニングリール、道糸はナイロン2~3号前後、キス天秤やジェット天秤10~25号前後に投げ仕掛けの2本鈎が使いやすい。

夜釣りの場合は、投げ仕掛けの2本鈎の間にケミホタルを装着するようにしよう。

根がかりが多い釣り方のため、仕掛けやリーダーなどの予備も忘れずに準備しておこう。
ルアー・餌イソメ、ゴカイ、魚の切り身、甲殻類、魚の内臓など。

これで完璧! 4種類の「虫餌の刺し方」の手順まとめ
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法
次の釣行でも使える!虫エサの保存方法まとめ
餌代を節約できる!身近な場所で簡単に採集できる釣り餌5選

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • メジャークラフト