トップページ>魚図鑑>ハチビキ (葉血引)

ハチビキ (葉血引)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目ハチビキ科ハチビキ属
別名 アカキコイ、チイキ、チビキ、アカサバ、チョウチンマチなど
英名 Bonnetmouth
由来 「ハ(葉)」は不明だが、身が血のように赤いことから「チビキ(血引)」と言われている。

分布

関東中部以南

似ている魚との見分け方

ハマダイによく似るが、本種の尾ビレの上葉と下葉がほぼ同じ長さなのに対し、ハマダイは上葉が下葉より長く伸びていることから見分けることができる。

また、ハチビキ科の特徴として口が筒状に伸びることからも判別できる。

毒や危険性について

毒はないが、背ビレが非常に鋭いため注意が必要である。

食性

肉食性であり小魚やイカ類、タコ類、甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方
  1. 鱗を取る。
  2. 内臓とエラを取り除く。
  3. 姿造りで捌く。

皮は引かずに食べるのが主流となっている。皮を熱湯に素早く通すか、バーナーなどで少し炙ってもよい。

釣った魚は綺麗に盛ろう! 美しい「姿造り」の作り方
料理 刺身、にぎり寿司、塩焼き、ムニエルなど。

釣り人は覚えておこう! 刺し身の基本的な切り方「そぎ造り」と「平造り」
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

沖釣り

本種は水深100~300mに生息しており、釣りでのメインターゲットになることは少なく、専門の船もほぼ無いことからクロムツ釣りでの嬉しい外道として考えたほうが無難である。

船から胴付き仕掛けやテンビン仕掛で狙うのが主流となっており、専用タックルも販売されている。

仕掛けを落とし、着底したところからハリスの長さくらい浮かせてアタリを待つ。海底をオモリでノックして誘うが、アタリがあっても直ぐにアワセを入れず、聞きアワセを入れるのが基本となる。

同船した人にアタリがあった場合は、タナの深さや餌などを真似してみることをおすすめする。

タックルや仕掛けは釣り船が用意してくれるところも多いので、気軽に確認してみよう。

初心者は覚えておきたい「船釣りの基本用語」まとめ
船釣り初心者必見! 船酔いしないための5つの注意点
釣れる時期 暖かい気候を好むため9~11月が釣りやすい。

船から狙うことになるため、船元に釣果状況を確認することをおすすめしたい。
タックル

沖釣り

専用竿、ヤリイカ竿、ビシアジ竿が良い。

竿は2号前後で100~150号程度のオモリを背負えるもの、リールは中型電動タイプ、ラインはPE2~5号前後を300m以上巻けるものが使いやすい。

こまめに底をとるため、障害物の多い場所での根がかりに注意が必要だ。必ず仕掛けなどの予備を準備しておこう。

船釣りを快適にしてくれるオススメアイテム5選
忘れずに持って行こう! 船釣りで使う小物5選
ルアー・餌 ホタルイカ、イカの短冊、サバの短冊、オキアミなど。

公式チャンネル