トップページ>魚図鑑>クログチ (黒愚痴)

クログチ (黒愚痴)

外観・内観写真

写真提供 : 釣照(仮) 様
写真提供 : 釣照(仮) 様
写真提供 : 釣照(仮) 様
写真提供 : 釣照(仮) 様
写真提供 : 釣照(仮) 様 (真っ黒な口の中)
写真提供 : 釣照(仮) 様 (真っ黒な口の中)
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 スズキ目ニベ科クログチ属
別名 カマガリ、メイゴ、ニベ、クイチ、ハマニベなど。
英名 Black mouth croaker
由来 「クロ(黒)」は口の中が黒いことから由来し、「グチ(愚痴)」をこぼすように浮き袋でグーグー鳴くことから「クログチ」となったと言われている。

分布

関東中部~南日本の太平洋沿岸

似ている魚との見分け方

シログチと酷似するが、本種はシログチより細身で胸鰭が長いこと、口の中が真っ黒なことから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、歯が鋭いため素手で掴まないように注意しよう。

食性

肉食性でゴカイ等の多毛類、甲殻類、アミ類などを捕食する。

食味

捌き方
※ここでは、形状が似ているシログチの捌き方を紹介する。
  1. 鱗をとる。
  2. 3枚おろしで捌く。

刺身にする際は皮は引かず、炙って食べることをおすすめしたい。

もう失敗しない! 「魚の皮引き」を綺麗に仕上げるコツ
料理 炙り刺し、バター焼き、フライなど。

釣り人は覚えておこう! 刺し身の基本的な切り方「そぎ造り」と「平造り」
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方
白身魚を釣ったら作ろう! 極上の「フィッシュ&チップス」の作り方

釣りについて

釣り方

ジギング

水深40m~120m付近に生息していることから、沖合いでの船釣りが主となる。
専門に狙う船は少なく、タチウオジギング等の外道として釣れる事が多い。

一般的なジギング同様、一度底をとりしゃくり上げながら誘いをかける。
底付近でのアタリが多いため、着底後油断をしないようにしよう。

餌釣り

船から胴付き仕掛けやテンビン仕掛で釣れることがある。

仕掛けを落とし、着底したところからハリスの長さくらい浮かせてアタリを待つ。海底をオモリでノックして誘うが、アタリがあっても直ぐにアワセを入れず、聞きアワセを入れるのが基本となる。

同船した人にアタリがあった場合は、タナの深さや餌などを真似してみることをおすすめする。

タックルや仕掛けは釣り船が用意してくれるところも多いので、気軽に確認してみよう。
釣れる時期 晩秋から春にかけて釣れることが多い。
タックル

ジギング

ロッドは青物用ジギングロッドやスロージギング用で扱うジグの重さに合ったもの、リールはPEの1.5~2号程度を200m以上巻けるベイトリールが使いやすい。

ラインはPEの1.5~2号程度、リーダーはナイロンまたはフロロの20~40ポンド程度を使用する。

餌釣り

ロッドは2m前後の船釣り用またはタイラバ、スロージギング用のもの、リールは中小型電動リールまたは、PEの1.5~2号程度を200m以上巻けるベイトリールが使いやすい。

ラインはPE1.5~2号程度、ハリスは3号程度を使用する。

仕掛けは胴付きの2本針仕掛けで、針はホタ針16号程度、錘は120号程度を選ぼう。
ルアー・餌

ジギング

釣り場の水深にもよるが、基本的に深場のため200g前後のショートジグやスロー用のジグが良い。

餌釣り

サバ切り身、オキアミ、イカなど。

公式チャンネル