トップページ>魚図鑑>シシャモ (柳葉魚)

シシャモ (柳葉魚)

外観・内観写真

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 キュウリウオ目キュウリウオ科シシャモ属
別名 スサモ、スシャモなど
英名 Surf smelt
由来 「シシャモ(柳葉魚)」はアイヌ語で「柳の葉の魚」という意味の「シュシュ・ハモ」が転訛したものと言われている。

分布

北海道の太平洋岸のみ

似ている魚との見分け方

キュウリウオに酷似しているが、キュウリウオは吻長が目より後ろまで伸びており歯が鋭いのに対し、本種は目の下辺りまでしか伸びておらず歯は鋭くない。また、キュウリウオは尻ビレの外周が直線的になっているが、本種はその特徴がない点からも見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

プランクトン食性であり、動物性プランクトンや植物性プランクトンを捕食する。

食味

捌き方
※ここでは、形状が似ているチカの捌き方を紹介する。
  1. 頭を落とすと同時に内臓を出す。
  2. 背開きで捌く。

身が柔らかく、卵を持っている可能性考慮して潰さないように捌こう。
料理 干し物、フライ、唐揚げなど。

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

特定の地域のみでしか釣ることができないが、接岸する時期には釣ることができる。

サビキ仕掛けのコマセカゴの中にコマセを詰めた後、真下の海中に落とす。シシャモを寄せ集めるために竿を上下にあおり、コマセをコマセカゴから散乱させると良い。

環境省が発表しているレッドリストでは、絶滅のおそれのある地域個体群 (LP)に指定されているため乱獲しないように気を付けてほしい。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
群がる魚たち! 実はこうなっていた「サビキ釣り」の水中映像
釣れる時期 岸に寄ってくる時期である10~11月が釣りやすい。
タックル

サビキ釣り

万能竿やルアーロッドなど幅広い竿で楽しめる。

竿は2~3m程度の小物用スピニングロッド、リールは小型スピニングリール、道糸はナイロン2~2.5号程度が使いやすい。

サビキ仕掛けはどこの店舗でも多様な種類を購入することができるため、自分のタックルに合った仕掛けを揃えよう。2~3セットあれば釣り場でトラブルがあっても困らないだろう。

サビキ釣りに必携!おすすめの便利アイテム5選
ルアー・餌 サビキ、コマセなど。

公式チャンネル