テーマ別

トップページ>魚図鑑>>トミヨ (止水魚)

トミヨ (止水魚)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類トゲウオ目トゲウオ科トミヨ属
別名トゲウオ、トンギョ、ロコムなど
英名Amur stickleback, Ninespine stickleback
由来里山や田んぼの湧水のある場所に生息するため、「止水に生息する魚」を意味する「止水魚(トミヨ)」になったとされる。

分布

北海道~上越地方

似ている魚との見分け方

イトヨに似ているが、背鰭の棘数はトミヨが7~10本あるのに対し、イトヨは3本なことから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で水生昆虫や小型甲殻類を捕食している。

食味

捌き方
料理小型で食用とされることはない。

本州のトミヨ属淡水型は環境省が発表しているレッドリストで「絶滅のおそれのある地域個体群」に指定されているため、釣った後はリリースすることをおすすめしたい。

釣りについて

釣り方

ウキ釣り

トミヨは里山や水田近くの水源や湧水地帯に生息しており、冷たく綺麗な水でないと生きていけない。そのため環境変化に弱く、環境悪化により生息地・生息数を減らしている。

赤虫やその場で捕獲したヌマエビのむき身などを餌にすることで意外と簡単に釣ることができる。

好奇心旺盛でガン玉を突くようにして寄ってくることもあり、その時は餌が口元にくるようにしてあげると良い。
釣れる時期
タックル

ウキ釣り

小型の渓流竿で十分釣ることができる。釣り場が用水路や小川になるのであまりにも長い竿は使い辛い。

ロッドは1m前後のタナゴ竿や渓流竿を使い、道糸はナイロンの0.4~0.6号程度のものを使う。小型のハエウキと色付きイトウキ、鈎は袖バリ1~2号を使い、ガン玉でウキの浮力を調整すること。
ルアー・餌赤虫、ヌマエビのむき身など。

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト