テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ツバクロエイ (燕鱏)

ツバクロエイ (燕鱏)

写真提供 : 局田有 様
写真提供 : 局田有 様
写真提供 : 播磨直希 様
写真提供 : 播磨直希 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類トビエイ目ツバクロエイ科ツバクロエイ属
別名ウチワ、カラスエイ、トビ、トンビ、ウサギザメなど
英名Japanese butterflyray
由来「ツバクロ」は体形と体色が「翼を広げたツバメ(ツバクロ)」に似ていることから由来し、「エイ」は本種の長い尻尾が、柄付き枡の「柄(え)」に似ていることからと言われている。

分布

関東地方以南~九州地方南部

似ている魚との見分け方

コモンカスベに似るが、本種の尾部は短く黒と白の縞模様になっていることから見分けることができる。

毒や危険性について

尻尾のハリに「タンパク質毒」を持っており大変危険である。

ハリに刺されると、刺さった患部の細胞を破壊し、仕舞いには壊死を起こすと言われる。アレルギー体質の人はアナフィラキシーショックにより死亡することもある。

「タンパク質毒」は熱に弱く、70度近くのお湯で数分温めると毒が無効化すると言われているが、火傷の危険もあることから注意が必要である。そのため、火傷をしないぐらいの温度で患部を温めつつ、病院に向かうのが現実的といえる。

触れないように気をつけよう!投げ釣りで釣れる毒魚まとめ

食性

肉食性で小魚や多毛類、甲殻類、貝類などを捕食する。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているアカエイの捌き方を紹介する。
  1. タワシなどを使い両面のヌメリを丁寧に落とす。(塩を使っても良い)
  2. 左右のエイヒレ部分のみを切り落とす。
  3. 切り取ったエイヒレの皮をペンチなどを使い剥ぐ。
  4. 切り取り残った中心胴体部の切り口からキモを取り出す。

比較的大きいキモも美味しく食すことができるため、左右のエイヒレを切り取る作業時に、内臓を傷つけないように注意しよう。
料理煮つけ、ムニエル、フライなど。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方
釣魚で作ろう! スパイスで体も温まる「フィッシュカレー」の作り方

釣りについて

釣り方

投げ釣り

温暖な海域を好み、内湾や沿岸部の浅場、河口部などの砂泥底に生息している。夜行性で、昼間は砂の中に姿をひそめている。

河川の河口域や砂浜でキスなどを狙った投げ釣りで外道として釣れることがあるが、尾部に毒があるため厄介者扱いをされている。

釣れた際は尾部の毒針に注意しながら鈎を外すようにしてほしい。また、危険を感じたら無理をせずにハリスごと切るようにしよう。

知らないと危険! 日本でよく釣れる毒魚とその対策法まとめ
釣れる時期温暖な海域を好むため、4~9月が釣りやすい。
タックル

投げ釣り

それほど遠投する必要もないため、ちょい投げ釣りが可能なタックルで良く、ルアーロッドなどでも代用できる。

ロッドは20号前後の投げ竿かシーバスロッドなど、リールは中型スピニングリール、道糸はPE1~2号程度、ハリスはナイロンの1.5~2.5号前後のもの、鈎は丸せいご8号程度が使いやすい。

天秤仕掛けはロッドに合わせた重さのものを用意しよう。

持っておくと便利!ちょい投げ釣りに役立つおすすめのアイテム5選
ルアー・餌イワイソメやイワデコなど。

これで完璧! 4種類の「虫餌の刺し方」の手順まとめ
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法
次の釣行でも使える!虫エサの保存方法まとめ

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー