トップページ>魚図鑑>ワニエソ (鰐鱛)

ワニエソ (鰐鱛)

外観・内観写真

写真提供 : ねこまたぎ 様
写真提供 : ねこまたぎ 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ 前へ
次へ 次へ

概要

分類 ヒメ目エソ科マエソ属
別名 エソ、ワニコなど
英名 Wanieso lizardfish
由来 エソ科は全般的に爬虫類を連想させる顔つきと体形をしており、分類をしていく上で形式的に本種には「ワニ」が付き「ワニエソ」となった。「エソ」の語源は、上顎より長い下顎が上へ曲っていることから人が笑い興じる「笑壺(エツボ)」に例えたことに由来する説がある。

分布

関東地方以南~九州地方

似ている魚との見分け方

エソ科は見た目がよく似ているが、本種は尾ビレの上縁に黒点の列が無く下縁が黒い。また腹部が白いことも合わせて見分ける材料になる。

毒や危険性について

毒はないが、歯が鋭く危険なので素手で触る際は注意すること。

食性

肉食性で小魚や貝類、多毛類、頭足類、甲殻類などを幅広く捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは形状の似ているマエソの捌き方を紹介する。

高級かまぼこの素材! 「エソ」の捌き方とおすすめの調理法
料理 練り物、唐揚げ、塩焼きなど。

片付けが楽に! 台所を汚さず魚を調理するコツ
釣り人なら知っておきたい「焼き魚」の綺麗な食べ方

釣りについて

釣り方

ルアー釣り

ワニエソは砂地を好み、日中は砂の中に身を潜めて獲物を待ち伏せている。

好奇心旺盛で獰猛なためルアーへの反応が良く、ショアジギング等の外道として釣れることがあるがマエソより個体数は少ない。

漁港や堤防、サーフ、磯など様々な場所で釣ることができ、引き味はそこそこ良いが、その見た目の悪さや調理しづらさなどから嫌われている。

特別なアクションはいらず、バイブレーションならボトム付近のただ巻き、メタルジグなら軽いワンピッチジャークで十分である。

夏に向けて予習しよう! 沖堤防からのライトショアジギングで五目釣り!!

投げ釣り

キスやカレイ狙いの外道として釣れることが多く、ゴカイ、イソメなどの虫餌でも食ってくることがある。

歯が鋭いためハリスを少し太くすると良く、針の根元部分をビニール管で保護する方法もある。

堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方
冬が旬! 投げ釣りでの「カレイ」の釣り方まとめ
釣れる時期 冬場は活動が鈍るため、4~10月が釣りやすい。
タックル

ルアー釣り

シーバスタックル、ライトショアジギングタックルが良い。

ロッドは9~10フィート前後のML(ミディアムライト)~MH(ミディアムヘビー)程度のスピニングロッド、リールは2500番程度、ラインはPE1~1.2号前後、リーダーはフロロカーボンの4~5号前後が使いやすい。

初心者向けおすすめシーバスタックルまとめ
初心者におすすめ! 1〜2万円で購入できるショアジギング用ロッド5選

投げ釣り

竿は27号前後、4m程度、リールはスピニングリールであれば何でも良く、道糸はナイロンの3号前後、力糸は4~8号前後が使いやすい。

初心者におすすめ!投げ釣り用ロッド5選
初心者必見!おすすめの投げ釣り用リール5選
ルアー・餌 小型メタルジグ、バイブレーション、ゴカイ、アオイソメなど。

ルアーを理解してシーバスを釣ろう!「メタルジグ」の特徴と使い方
飛距離とアピール力でシーバスを攻略! 「鉄板バイブ」のおすすめ5選
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法

公式チャンネル