テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ヨロイメバル (鎧眼張)

ヨロイメバル (鎧眼張)

写真提供 : 釣り人まーちゃん 様
写真提供 : 釣り人まーちゃん 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目メバル科メバル属
別名ホゴ、リョウホゴ、モアラカブ、スミカサゴ、フジメバルなど
英名Armorclad rockfish
由来「ヨロイ(鎧)」は武骨で鎧を着たような外見から由来し、他魚種に比べて目が飛び出していることから「目が張る」が転訛し「メバル(眼張)」になったとされる。

分布

東北地方北部以南

似ている魚との見分け方

コウライヨロイメバルによく似るが、本種の背ビレ棘は14本なのに対し、コウライヨロイメバルは13本なことから見分けることができる。また、コウライヨロイメバルは尾ビレの付け根部分に白色横帯があるのに対し、本種にはその特徴がないことも合わせて判別要素になる。

毒や危険性について

毒はないが、各ヒレ、頭部、エラ蓋にある棘が非常に鋭いので注意が必要である。

食性

肉食性で小型の魚類や甲殻類、多毛類を捕食する。

釣りについて

釣り方

餌釣り

専門で狙うには難しい魚であるが、メバルやアイナメ、カサゴと共に釣れる嬉しい魚である。

穴釣りで磯のゴロタ場やテトラの際を狙うと良い。ブラクリを使えば簡単にチャレンジできる。

とにかく広くポイントを探ることがコツであり、海藻や岩礁付近の中層を群れでホバリングしていることも多く、ボトムよりも中層を意識すると良い釣果につながることが多い。

誰でも簡単に根魚をゲット! 「穴釣り」のやり方まとめ
テトラ周辺で宝探し! カサゴやメバルが釣れる「穴釣り」のやり方 
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法
次の釣行でも使える!虫エサの保存方法まとめ
餌代を節約できる!身近な場所で簡単に採集できる釣り餌5選

ルアー釣り

専門で狙うには難しい魚であるが、メバルやアイナメ、カサゴと共に釣れる嬉しい魚である。

2インチ前後のワームを2g前後のジグヘッドに付けたものや、メバル用のミノー、マイクロジグなどを使用する。

ボトム付近を中心に探りながら、中層も意識しよう。沈み根やゴロタ場、海草などの障害物を棲家にしており、中でも潮通しのよいポイントなどでは大型も期待できる。

縦と横のアクションを使い分けることによって根がかりや釣果にも差が出てくることも多く、その日のヒットパターンをいち早く察知することが重要となる。

これを読めば初心者も釣れる! メバルの釣り方まとめ
高いゲーム性が魅力! 「メバルデイゲーム」のコツまとめ
初心者必見!メバリングで基本となる3つのルアーアクションパターン
アジングやメバリングで活躍! 小型ジグヘッドの自作方法
アジング・メバリングで使うリグの特徴まとめ
釣れる時期年中楽しむことができる。
タックル

餌釣り

アジング、エギングタックルなどのライトタックルを代用できる。

ロッドは6~9フィート前後、リールは小型スピニングリールかベイトリール、ラインは1.5~2号程度のフロロかナイロンラインを使うと良い。

障害物が多い場所がメインフィールドとなり、根掛かりが多いのでリーダーは無い方が効率が良いこともある。

ルアー釣り

ロックフィッシュ用タックル、もしくはバスタックルが望ましい。

ロッドはロックフィッシュ用、もしくはバスロッドの6~8フィート前後、リールは小型スピニングリールかベイトリール、ラインはナイロンで2~3号程度のものを使うと良い。

初心者向けおすすめロックフィッシュ用タックルまとめ
初心者におすすめのロックフィッシュ用ロッド3選【実売1万円台】
初心者向けおすすめメバリング用タックルまとめ
中級者向けメバリング用おすすめタックルまとめ
ルアー・餌2インチ程度のワームや、小~中型ミノ―、カツオのハラモ(一番おすすめ)、モエビ、キビナゴ、サバやサンマの切り身、ゴカイなど。

冬がハイシーズン!初心者のための「メバリング」のやり方徹底解説
これでメバリングを攻略!各種メバル用ルアーの使い方と使い分け

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト