テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ハタハタ (鰰・鱩)

ハタハタ (鰰・鱩)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ハタハタ科ハタハタ属
別名カミナリウオ、サタケウオ、カハタ、シロハタ
英名Japanese sandfish
由来古来、「ハタハタ」というのは雷の音を表す擬音語であり、雷が鳴り、海が荒れている時に捕れる魚だったことから由来すると言われている。

分布

北海道~中国地方の日本海側、北海道~東北地方上部の太平洋側

特に秋田が有名であり、県魚にも指定されている。

似ている魚との見分け方

コマイに似るが、本種はエラ蓋に5本の棘があり、尻ビレが非常に長い特徴があるが、コマイにはその特徴が無いことから見分けることができる。その他に本種はウロコや側線、浮き袋が無いという特徴も持っている。

また、ハタハタ科には本種とエゾハタハタの2種しか存在しないが、エゾハタハタは日本には生息していない。

毒や危険性について

毒はないが、エラ蓋に非常に鋭い棘が5本あるので注意が必要である。

食性

肉食性で小魚やアミ類、甲殻類、動物性プランクトンを捕食する。

食味

捌き方
  1. 腹を開き内臓を取る。
  2. 腹の中を洗う。

本種はウロコも無く、骨も軟らかいため調理が簡単である。

片付けが楽に! 台所を汚さず魚を調理するコツ
釣魚の調理を快適にしてくれる「便利グッズ」と「裏ワザ」まとめ
料理煮付け、干物、焼き物など。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら知っておきたい「焼き魚」の綺麗な食べ方

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

漁港や堤防から狙うことができるが、本種は特定の場所でしか釣れない可能性が高く、かつ海が荒れた時に活性が上がることから、初めての釣行は経験者に同行するようにしよう。

難しいテクニックは必要なく、サビキ仕掛けを真下の群れの中に落とすのみで良い。群れが入っている場合は釣り人の数自体も群集と言えるほどになるため、新しい接岸情報を手に入れることが重要となってくる。

一般的なサビキ釣りはサビキ仕掛けの下にアミカゴを付けるが、本種を狙った仕掛けの場合はアミカゴの代わりにオモリ(ナス型、小田原型など)を付け、夜釣りの場合はケミホタルで魚を寄せるようにしよう。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
群がる魚たち! 実はこうなっていた「サビキ釣り」の水中映像
釣れる時期冬の訪れを告げる魚とも言われており、11~2月が釣りやすい。
タックル

サビキ釣り

万能竿やルアーロッドなど幅広い竿で楽しめる。

竿は2~3m程度の小物用スピニングロッド、リールは小型スピニングリール、道糸はナイロン2~2.5号程度が使いやすい。

本種専用のサビキ仕掛けも販売されており、様々な種類もあるため自分のタックルに合った仕掛けを揃えよう。2~3セットあれば釣り場でトラブルがあっても困らないだろう。

一般的なサビキ仕掛けのようなアミカゴは必要なく、代わりにオモリ(ナス型、小田原型など)を付け、夜釣りの場合はサビキ仕掛けの上にケミホタルを付け魚を寄せるようにしよう。

サビキ釣りに必携!おすすめの便利アイテム5選
ルアー・餌サビキなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー