テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ホッケ (𩸽)

ホッケ (𩸽)

写真提供 : 910 様
写真提供 : 910 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類カサゴ目アイナメ科ホッケ属
別名ホッキ、アオボッケなど
英名arabesque greenling, Atka mackerel
由来本種は「北方に生息している魚」であり、「北方」を「ホッケ」と読むことから由来するという説がある。

分布

北海道~関東地方中部

似ている魚との見分け方

アイナメに似ているが、本種の尾鰭はくの字の形(二叉形)をしているのに対し、アイナメの尾鰭はまっすぐした形(截形)であることから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で甲殻類や多毛類、小魚などを捕食する。

食味

捌き方
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

鱗は取りにくいので、金タワシなどを使うと良い。
料理干物、フライ、塩焼きなど。

干物が定番だが、新鮮なものは刺身で食べられることもある。

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

北海道や東北地方では春の釣りの人気ターゲットの一つで潮通しの良い堤防から簡単に狙うことができる。

ホッケは春の産卵期に大群で接岸してくるため、群れに当たれば入れ食いが期待できることから初心者にもおすすめしたい。

群れを寄せるためにもカゴのオキアミをしっかりと効かせ、手返し良く釣ろう。

些細な差が釣果を変える!?誰も釣れてない時にサビキで爆釣する5つのコツ
目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ

ウキフカセ釣り

ホッケは潮通しの良い堤防で群れが入った際にはウキフカセ釣りで狙うのが面白い。

中層付近~ボトム付近を泳いでいることが多いので、タナを調整して餌はボトム付近を流すと良い。

撒いたコマセと鈎につけた餌が同調するようにし、地形や潮の流れに変化がある場所を狙って攻めよう。

ウキフカセ釣りの達人、平和卓也が解説する磯釣り攻略法
それぞれの特徴を理解しよう!「ウキの種類」まとめ
タナ取りをスムーズに!フカセ釣りでの水深の測り方
釣れる時期産卵期に接岸して来るため、4~5月が釣りやすい。
タックル

サビキ釣り

サビキ仕掛けに耐えられる強度があればタックルどのようなものでも使える。

ロッドは磯竿の3号程度のものや8~9フィート程度のエギング、シーバスロッド、リールは小・中型スピニングリール、ラインはナイロンやフロロの3~5号程度のもの、ウキは7~10号程度の浮力のものが使いやすい。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ

ウキフカセ釣り

ロッドは1〜1.5号程度、5m前後の磯竿、リールは磯用の2000〜3000番程度、道糸はナイロン2〜3号前後でハリスはフロロカーボン1.5〜3号程度で鈎はチヌの3~5号程度のものを使用する。

上記の他、半円シモリ玉、円錐ウキ、ゴム管、極小サイズのセル玉、10号前後のヨリモドシ、ガン玉が必要となる。

連載:初心者でもわかるウキフカセの始め方【第1回 竿とリールの選び方】
ルアー・餌コマセ、オキアミなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト