テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ムツ (鯥)

ムツ (鯥)

写真提供 : 浦辺大助 様
写真提供 : 浦辺大助 様
バイブレーションでの一匹!
バイブレーションでの一匹!
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ムツ科ムツ属
別名メバリ、クジラトオシ、ロクノウオなど
英名Gnomefish
由来「ムツ」は脂っこいを意味する「むつこい」から由来すると言われている。

分布

北海道以南~琉球諸島

似ている魚との見分け方

クロムツとよく似るが、側線の上に並ぶウロコの数が本種は58枚以下、クロムツは60枚以上であることから見分けることができる。

ベテランの方でも判別が難しいとされ、クロムツとしてムツが流通していることもある。

毒や危険性について

毒はないが、歯が非常に鋭いので注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類、イカ類、アミ類などを捕食する。

食味

捌き方 ※ここでは、形状が似ているクロムツの捌き方を紹介する。
  1. ウロコを丁寧に剥がす
  2. 3枚おろしで捌く。

皮も大変美味しいため、皮は引かず(剥がず)に食べるのが主流となっている。そのままでもいいが、皮をバーナーで炙ったり、熱湯を掛ける方法もあることを覚えておこう。
料理刺身、煮付け、焼き物、鍋物、汁物など。

釣り人は覚えておこう! 刺し身の基本的な切り方「そぎ造り」と「平造り」
釣り人なら覚えておきたい「魚の盛り付け方」のマナーまとめ
刺身や寿司がより美味しく!「寿司屋の醤油」の作り方
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方

釣りについて

釣り方

沖釣り

船から胴付き仕掛けやテンビン仕掛で狙うのが主流となっており、専用タックルも販売されている。

水深が約100~300m付近にいることが多いとされており、予想外の魚と出会える可能性も高い。

仕掛けを落とし、着底したところからハリスの長さくらい浮かせてアタリを待つ。海底をオモリでノックして誘うが、アタリがあっても直ぐにアワセを入れず、聞きアワセを入れるのが基本となる。

ムツは口が弱く、速い速度で巻いたり強引にアワセを入れると口切れをしてバレてしまうことも多いため、慎重なやりとりを楽しむことができる。

同船した人にアタリがあった場合は、タナの深さや餌などを真似してみることをおすすめする。

タックルや仕掛けは釣り船が用意してくれるところも多いので、気軽に確認してみよう。

ルアー釣り

本種が岸に寄っている場合はシーバスタックルや強めのアジングタックル、メバルタックルなどで狙うことができる。

漁港、堤防などのフィールドからバイブレーションやワーム、マイクロジグを使って気軽に楽しむことができ、特に夜になると漁港の照明などに集まり高活性になることが多く、夜に目立つカラーチョイスをすることが鍵となる。

シーバスやタチウオなどの攻略に必須! 「ワインド釣法」のアクションをマスターしよう
釣れる時期船からだと年中楽しむことができ、陸から狙う場合は接岸することが多くなる10~4月が釣りやすい。
タックル

沖釣り

専用竿、ヤリイカ竿、ビシアジ竿が良い。

竿は2号前後で100~150号程度のオモリを背負えるもの、リールは中型電動タイプ、ラインはPE2~5号前後を300m巻けるものが使いやすい。

こまめに底をとるため、障害物の多い場所での根がかりに注意が必要だ。必ず仕掛けなどの予備を準備しておこう。

ルアー釣り

シーバスタックル、強めのアジングタックル、メバルタックルが良い。

ロッドは8フィート前後、硬さはL(ライト)~ML(ミディアムライト)、リールは2500番前後のスピニングリール、ラインはPE0.8〜1.2号前後、リーダーはフロロカーボンの5号前後が使いやすい。

アジングタックルやメバルタックルで狙う場合は普段より太めのラインシステム(PEやリーダー)で挑むようにしよう。

本種は歯が鋭いため、通常よりも太めのリーダーを使うことでラインブレイクを防ぐことができる。

初心者向けおすすめシーバスタックルまとめ
初心者におすすめ!ルアー五目釣りのやり方
ルアー・餌ホタルイカ、イカの短冊、サバの短冊、オキアミ、小さめのプラグ類、バイブレーション、マイクロジグ、ワームなど。

ルアーを理解してシーバスを釣ろう! 「バイブレーション」の特徴と使いどころ
ルアー五目釣りにチャレンジ!おすすめマイクロジグ5選

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー