テーマ別

トップページ>魚図鑑>>オジサン (老翁・叔父さん)

オジサン (老翁・叔父さん)

写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : タニヤン 様
写真提供 : 野呂誠和 様
写真提供 : 野呂誠和 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目ヒメジ科ウミヒゴイ属
別名タカヤス、カタヤス、ヘエルカタカシなど
英名Manybar goatfish
由来下あご部分にあるヒゲが「叔父さん」の顔の髭を連想させることから由来する。

分布

関東地方以南~琉球諸島

温暖な海域に多く生息している。

似ている魚との見分け方

ヒメジ科の魚は特徴的なヒゲを持ち、外見がよく似ていることから混同されやすいが、本種は尾鰭の付け根付近と第二背ビレに暗色帯のがあることから見分けることができる。しかし、白色や赤褐色、紫色と体色の個体差は激しい。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性で多毛類や甲殻類などの底生生物を捕食する。

食味

捌き方
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

身が軟らかいため潰さないように捌こう。

もう失敗しない! 「魚の皮引き」を綺麗に仕上げるコツ
料理ムニエル、唐揚げ、煮つけ(マース煮)、刺身、フィッシュカレーなど。

ヒメジ科の魚は癖のない白身で、美味なことで有名である。

釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方
魚の「揚げ物」料理をふっくら美味しく仕上げる5つのコツ
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣魚で作ろう! スパイスで体も温まる「フィッシュカレー」の作り方

釣りについて

釣り方

投げ釣り

本種は比較的浅い砂地の海や、サンゴ礁域に小さな群れで生息している。温暖な海域を好むため、琉球諸島などに多く生息している。

特徴的なヒゲは感覚器官であり、これを使って砂の中に潜む多毛類などを捕食する。

専門で本種だけを狙って釣ることは難しいが、キスの投げ釣りで外道として釣れることがある。

根掛かりが多い場所ではハリスを短くして鈎を小さくするなど工夫をし、予備の仕掛けを複数準備することをおすすめしたい。

堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方
釣れる時期水温が上がり活性の高まる6~9月が釣りやすい。
タックル

ちょい投げ釣り

それほど遠投する必要もないため、ちょい投げ釣りが可能なタックルで良く、ルアーロッドなどでも代用できる。

ロッドはシーバスロッドか20号前後の投げ竿など、リールは中型スピニングリール、道糸はPE1~2号程度、ハリスはナイロンの1.5号前後のもの、鈎は丸せいご10号程度が使いやすい。

天秤仕掛けはロッドに合わせた重さのものを用意しよう。

持っておくと便利!ちょい投げ釣りに役立つおすすめのアイテム5選
ルアー・餌イワイソメやイワデコなど。

これで完璧! 4種類の「虫餌の刺し方」の手順まとめ
ゴカイやアオイソメ(青虫)などの「虫餌」をスムーズに針につける2つの方法
次の釣行でも使える!虫エサの保存方法まとめ

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト