テーマ別

トップページ>魚図鑑>>エビスダイ (恵比須鯛)

エビスダイ (恵比須鯛)

写真提供 : 貧乏神様 様
写真提供 : 貧乏神様 様
写真提供 : 貧乏神様 様
写真提供 : 貧乏神様 様
写真提供 : 音泉光 様
写真提供 : 音泉光 様
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類キンメダイ目イットウダイ科エビスダイ属
別名ヨロイダイ、アカメ、キントキ、エビスウオなど
英名Japanese soldierfish, Deepwater squirrelfish, Ebisu perch
由来尾鰭を足に見立てた際にその姿が「恵比須」を連想させることからきており、「ダ(タ)」は魚体が平であること、「イ」は魚類を示す魚(うお、いお)から由来すると言われている。

分布

東北地方以南~九州地方

似ている魚との見分け方

リュウキュウエビスに似ているが、鼻骨の間の溝の形状が本種は特徴的なV字状になっていることから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、各鰭が非常に鋭利であり、鱗も非常に硬く鋭利であるため注意が必要である。

食性

肉食性で主に小魚を捕食している。

食味

捌き方
  1. ウロコ取りを使って鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

鱗が非常に硬く、鋭利であるためケガをしないように十分注意して欲しい。

ウロコを取る際は、ウロコ取りや調理用ハサミを使うのが望ましい。
料理刺身、煮つけ、汁物など。

知る人ぞ知る美味な魚できれいなピンク色の身をしている。

釣り人は覚えておこう! 刺し身の基本的な切り方「そぎ造り」と「平造り」
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方

釣りについて

釣り方

オフショアスロージギング

スロージギングは最近注目を集めている釣り方で、従来のハードで速いアクションとは異なり、ロッドの弾力を活かして細かくゆっくりとしたアクションで多様な魚種にアピールする釣り方である。

大きく速いアクションでは反応しなかった魚や活性の低い魚が細かくゆっくりとしたアクションに反応することがあり、根魚にもアピールできる。

スロージギング専用のタックルやメタルジグなどが大手釣り具メーカーから販売されるなど、まさに今注目を集めている。

エビスダイは水深100mより浅い海域のボトム付近に生息しているため、このスロージギングが有効になってくる。

ジグを着底させたら、1~2秒に1回しゃくると同時に1回リールを巻くペースを基準に、ボトムから20mほどしゃくり上げたら再度ボトムを取り同じアクションを繰り返す。

ジグがゆらゆらとフォールする際のアピール力が強く、フォール中のアタリが多い。

それでも反応が無ければ、しゃくるペースやアクションに変化を付けたりジグのカラーを変更したりすると良い。

活性の低い魚にも有効!「スロージギング」のやり方まとめ
パームスプロスタッフ沼田純一が解説する、スロージギングでの真鯛の釣り方
釣れる時期
タックル

オフショアスロージギング

スロージギングではロッドの弾力を利用するため弾力のあるロッドが望ましく、専用のタックルを用意することをおすすめする。

ロッドはジギング用のものか、専用ロッド、リールは小型のベイトリール、道糸はPE1.2~2.0号前後のもの。リーダーはフロロの5~8号前後のものを3ヒロ程取ると良い。

メジャークラフトの「ジグパラ スロー」を使用してヒロセマンがショアスロージギングゲームを展開
シマノのスロー系ジギングロッド「オシアジガー∞(インフィニティ)」に新モデルが追加
オフショアジギングはこれで決まり! おすすめのメタルジグ5選
ルアー・餌スロージギング専用のメタルジグ(潮流や水深によって重さを変えよう)。

メジャークラフトのショアスロー用メタルジグ「ジグパラ SLOW」に新サイズ登場!これまで攻めきれなかった深場の攻略に最適

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト