テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ウスバハギ (薄葉剥)

ウスバハギ (薄葉剥)

写真提供 : かず 様
写真提供 : かず 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類フグ目カワハギ科ウスバハギ属
別名ツノコ、ハゴイタ、オキウマヅラ、メンボウなど
英名Unicorn leatherjacke
由来体形が扁平しており、「薄っぺらい葉っぱ」を連想させることから由来し、調理の際に皮を簡単に「剥ぎ」取ることができるため「ハギ(剥)」の名が付いたとされる。

分布

北海道以南

熱帯地方に行くほど多く生息している。

似ている魚との見分け方

ソウシハギに似ているが、ソウシハギと異なり本種の体表には青い斑紋が無いことで容易に区別できる。

毒や危険性について

毒はないが、頭の角が鋭利なため注意が必要である。

食性

肉食性で多毛類などの底生生物を捕食する。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているウマヅラハギの捌き方を紹介する。
  1. 口先、角を取り皮を剥ぐ。
  2. 頭を落として肝を丁寧に取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

ケガをしないためにも、角は先に落としておこう。
料理味噌汁、煮つけ、刺身など。

身は淡泊でクセも無く美味である。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方

釣りについて

釣り方

ウキフカセ釣り

ウスバハギは温暖な海域の堤防や浅瀬で外道として釣れることがあり、強烈な引きで楽しませてくれる。

ウスバハギは磯や藻の多い場所を好み、撒き餌に群がってくるため目視で確認できる。

撒いたコマセと鈎につけた餌が同調するようにする。口が小さく、歯が鋭いためバラシが多くなり意外と釣るのが難しい。

ウキフカセ釣りの達人、平和卓也が解説する磯釣り攻略法
それぞれの特徴を理解しよう!「ウキの種類」まとめ
タナ取りをスムーズに!フカセ釣りでの水深の測り方
釣れる時期年中釣ることができる。
タックル

ウキフカセ釣り

ロッドは4号程度、5m前後の磯竿、リールは磯用の4000番程度、道糸はナイロン6~8号前後でハリスはフロロカーボン3号程度で鈎はカワハギ用の9号程度のものを使用する。

上記の他、半円シモリ玉、円錐ウキ、ゴム管、極小サイズのセル玉、10号前後のヨリモドシ、ガン玉が必要となる。

連載:初心者でもわかるウキフカセの始め方【第1回 竿とリールの選び方】
ルアー・餌オキアミボイル、コマセなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト
フィッシュソープの公式サイトのバナー