テーマ別

トップページ>魚図鑑>>イトフエフキ (糸笛吹)

イトフエフキ (糸笛吹)

この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類スズキ目フエフキダイ科フエフキダイ属
別名ドキ、ロウグイ、タバメ、シクジロ
英名Threadfin Emperor
由来「イト」は背ビレの第2棘が「絹糸」のように見えることから、「フエフキ」は口元が「笛を吹いている」ように尖っていることから由来する。

分布

中部地方以南~琉球諸島

似ている魚との見分け方

幼魚や若魚はハマフエフキによく似ているが、ハマフエフキとは違い背鰭の第二棘が長いことから見分けることができる。

毒や危険性について

毒はないが、各鰭の棘が非常に鋭利なため注意が必要である。

食性

肉食性で小魚や甲殻類などを捕食する。

食味

捌き方※ここでは形状の似ているハマフエフキの捌き方を紹介する。
  1. 鱗を取る。
  2. 頭を落として内臓を取り除く。
  3. 3枚おろしにして捌く。

鱗は硬いため綺麗に取っておこう。

小型種であるため丸ごと調理すると良い。
料理塩焼き、煮つけ(琉球諸島ではマース煮)、ムニエルなど。

これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣ったら作ろう! 白身魚料理の定番「ムニエル」の作り方

釣りについて

釣り方

ブッコミ釣り

堤防や漁港、砂地混じりの岩礁域に多く生息しているので釣り場はそれを目安に選ぶと良い。

大きくても20cmほどの小型種でキス釣りやハマフエフキ釣りの外道として釣れることがある。

夜釣りで数本竿を用意し、置き竿にしてアタリがくるまで待つようにしよう。根掛かりが多い釣りなので、予備の仕掛けは多めに用意しておこう。
釣れる時期
タックル

ブッコミ釣り

タックルは場所によってはアカエイやハマフエフキなどの大物が釣れることがあるので、その場合はある程度強度があるものを用意しよう。

竿はある程度強度があれば何でも良い。リールは小型~中型スピニングリール、ラインはナイロン2~3号前後、リーダーはフロロカーボン2〜3号前後が使いやすい。
ルアー・餌キビナゴ、サンマ、サバの切り身、イカなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト