テーマ別

トップページ>魚図鑑>>ニシン (鰊・鯡)

ニシン (鰊・鯡)

写真提供 : RinRin 様
写真提供 : RinRin 様
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
この魚の写真を募集しております。掲載にご協力いただける方は tsuriho@umee.be までご連絡お願いいたします。
前へ前へ
次へ次へ

概要

分類ニシン目ニシン科ニシン属
別名春告魚(ハルツゲウオ)、イサザ、エビスニシン、ナカドイワシ、コウライイワシなど
英名Pacific herring
由来二つに身を割って干すことから「二身(ニシン)」と呼ばれたと言われている。漢字の「鰊」は「東の魚」という意味で、「鯡」は江戸時代の年貢制度で米の代わりに「ニシン」を納めていたことがあったことから「魚では非(あら)ず」という意味だと言われている。

分布

北海道~関東地方中部

特に北海道が有名である。

似ている魚との見分け方

マイワシによく似るが、本種の体の側面には黒色班がないことから見分けることができる。

毒や危険性について

特になし。

食性

肉食性プランクトンやアミ類、多毛類、小魚などを捕食する。

食味

捌き方
  1. ウロコを丁寧に剥がす。
  2. 頭を落とし腹を割く。
  3. 3枚おろしで捌く

身が軟らかいので注意してウロコを剥がそう。また、白子や数の子を持っている場合があるので腹を捌く際には包丁を深く入れないようにしたい。

これでウロコ取りいらず!? 身近なものでウロコを取る方法
料理刺身、煮つけ、焼き物、南蛮漬け、オイル漬け、干し物など。

釣った魚は綺麗に盛ろう! 美しい「姿造り」の作り方
刺身や寿司がより美味しく!「寿司屋の醤油」の作り方
これで失敗知らず! 手軽な「煮魚」の作り方
釣り人なら知っておきたい「焼き魚」の綺麗な食べ方
釣り人は必修! 釣った魚を美味しく食べるための3つのポイント

釣りについて

釣り方

サビキ釣り

堤防などに回遊してくる本種を狙うのに適している。

本種は群れで泳ぐ回遊魚なのでアミで集魚しながら回遊を待つこと。群れが回遊してきたら手返し良く釣ることがポイントだ。特に夜釣りに分があり、ケミホタルなどの光るものでアピールしよう。

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ
些細な差が釣果を変える!?誰も釣れてない時にサビキで爆釣する5つのコツ
釣れる時期年中楽しめるが、産卵が絡む12~4月が釣りやすい。
タックル

サビキ釣り

万能竿やアジング等のライトタックル、エギングタックル、シーバスタックルなどを代用できる。ある程度の強度を持っていればどのようなタックルでも良い。

ロッドは7~9フィート前後のもの、リールは中型スピニングリール、道糸はナイロンの1~2号程度、ハリスは0.8~1.2号程度のものが使いやすい。大型が釣れる場合は、道糸などを少し太くするなどの調整が必要となる。

サビキ仕掛けは釣具量販店などで準備し、昼であれば集魚版、夜であればケミホタルを付けてアピール度を増すことでより良い釣果を期待できる。

目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ
サビキ釣りに必携!おすすめの便利アイテム5選
ルアー・餌オキアミ、コマセなど。

コメント欄(Facebook)

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト